7月31日(月)放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)に、吉本新喜劇の座長に就任したばかりで、“今、ノリにノリ過ぎるゲスト”酒井藍が登場。オープニングの賞金プレゼント企画「夢があり過ぎるチャレンジ 岡村に賭けろ!」で、酒井が岡村隆史と「1分以内に完食しろ!かき氷早食い」に挑む。

2人とも成功すればクリアで、賞金プレゼントなのだが、「早食いは得意だけど、かき氷は歯にしみるんです」と不安げな酒井。かき氷が登場すると、思ったよりも量が少なく「これならいけそうな気がする」と2人は余裕の発言。だが、食べ始めると…。

大阪人100人に聞く世論調査「大阪べ〜たバンク」の1つ目のテーマは、「好きな豚料理」。大阪人にインタビューすると、「豚しゃぶ」「豚テキ」「角煮」など、スタンダードなメニューの他、「自家製の燻製ベーコン」を挙げる男性も。

「作ったら、友人を自宅に呼んでパーティーをする」と聞き、グルメ担当ディレクターが男性の家を訪れ、こだわりの燻製ベーコンを作ってもらうことに。

調査の結果、大阪人が好きな豚料理の上位は「豚カツ」と「しょうが焼き」の2つに絞られた。スタジオでは、どちらが一番多い“べた過ぎる回答”かを3人が予想。

正解した者のみがべた過ぎる回答に輝いた豚料理を試食する。インタビューで上がった気になり過ぎる豚カツの店は、4種類の品種を掛け合わせた四元豚の豚カツが味わえる店。

一方、しょうが焼きは関西将棋会館にある店で、藤井聡太四段が“勝負メシ”として食べたしょうが焼き弁当だ。3人はどちらを選ぶのか、大阪人のべた過ぎる豚料理は?

「大阪べ〜たバンク」の2つ目のテーマは、「クーラーの設定温度」。大阪人に話を聞いていくと、職場や家庭でクーラーの設定温度にまつわるさまざまな問題が明らかになる。

体重が3桁と明かす女性は「職場でクーラーの設定温度が低くなっていると、私が下げたと思われ、濡れ衣を着せられる」と怒り、赤ちゃんのいる夫婦は「子どもにあせもができるのは誰のせいや」と、28℃に設定する妻を夫がなじる。

「芸人一斉アンケート!背筋も凍る!?リアル過ぎて怖過ぎる話」では、吉本新喜劇座長のすっちーが、芸人たちが体験した、幽霊は出てこないが、身の毛がよだつエピソードを紹介する。テンダラー・浜本広晃が体験したのは「怖過ぎるメール」。ある日、浜本のもとに登録していないアドレスからメールが届く。タイトルを見ると、「シルクです」。メールの内容は、突然の「2人のセクシーショー」についてだった!

「全貌が見えない! でも、深追いするには怖過ぎる!」と、岡村も戸惑う衝撃の真相とは? また、ベテラン芸人の不思議な言動に戸惑った吉田たち・ゆうへいの「怖過ぎる商店街」、クセが強過ぎる師匠2人の会話に背筋が凍ったプリマ旦那・河野良祐の「怖過ぎる楽屋」、NGKの舞台監督をしていたという奥さんが舞台袖で体験した恐怖体験を明かす、セルライトスパ・大須賀の「怖過ぎる舞台袖」を紹介。

さらに、なるみと岡村が凍りつく、すっちーのまさかの告白とは?