昨今、ガンダム関連のニュースが話題を呼んでいる。昨年から放送されたテレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が若年層、女性層にも届き、一方で宇宙世紀を舞台とした全世界配信予定作品『機動戦士ガンダム 復讐のレクイエム』なども進行中だ。こうした中、「ガンダム」に興味はあるものの、ポチっと配信サイトを調べてみたらテレビシリーズだけで20作以上。そっと閉じてしまった人は少なくないだろう。そんな方にWEBザテレビジョン編集部のガンダム担当がお薦めしたい「ガンダム入門編」ともいうべき作品が、今から21年前に放送されたテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』をはじめとした「SEEDシリーズ」だ。だが一体どんなところがビギナー向けなのか、その魅力と共に伝えていきたい。

■今のアニメファンも観やすい今風「ガンダム」

アニメって絵が大事。だから入門には『SEED』をお勧めしたい。いきなりそんなことを言うとアニメファンから猛烈に怒られそうな気配だが、決して間違いだとは言えないはず。漫画だって絵が上手い方が読みたくなるし、キャラクターがより好きになるものだ。なぜこんなことから切り出していくかというと、40年以上の歴史があるガンダムシリーズには無数のタイトルがあり、絵のタイプも様々だからだ。さらに付け加えると、そのタイトルが放送された時代によってもだ。

「ガンダム」初体験という方に、40年以上前の『機動戦士ガンダム』をお勧めするのはややハードルが高いかもしれない。これは上手い下手、良い悪いとかではなくて、今の人が観るなら、今風の絵で、綺麗な画面(高画質)の方が馴染みやすいということだ。「水星の魔女」を観ていた人は、やっぱり観やすかったでしょ? それで言うなら『SEED』だって21年前のアニメだが、ちょうどこのときキャラクターデザインには「リアリティーよりアニメキャラ寄り」というチャレンジが入り、目が大きく線が細いキャラクターが登場する「SEED シリーズ」はそれまでのガンダムシリーズとは方向性が大きく変わってもいたのだ。

■『ガンダムSEED』は“21世紀最初のガンダムシリーズ”

けれど絵だけの話なら、「それこそ『水星の魔女』とかもっと新しいのがあるでしょ」って? そのツッコミへの答えは、「SEED」は“21世紀最初のガンダムシリーズ”だからである。 “ガンダムの生みの親”富野由悠季監督が最初に作った『機動戦士ガンダム』。それ以降のガンダムシリーズは、この『ガンダム』の基本構造を下敷きにして作られている。だからこそのガンダムシリーズだが、タイトルごとに必ず独自性は入ってくる。それがシリーズ内での差別化になるのだが、『SEED』は差別化と同時に、原点回帰でもある『ガンダム』だということが製作コンセプトに掲げられていた。

つまり、『SEED』はガンダムシリーズのフォーマットとして特に分かりやすい作品ということだ。人類を二分する宇宙戦争、勧善懲悪では語れない物語、戦争の中で揺れ動く群像劇、ヒト(人類)の革新といった大枠はもちろん、巻き込まれた民間人が主人公、戦争の中に飛び込んでしまった少年少女たち、木馬(ホワイトベース)に似た新造戦艦など、ストーリー、設定の様々なところに『ガンダム』へのオマージュが見つけられる。

実はこの『SEED』が放送された時期、ガンダムシリーズのアニメは苦戦していたという。長期シリーズに起こりがちな緩やかな風化と、約20年に及ぶコアファンに支えられたゆえの新規層の入りづらさといった要因が重なっていたためだ。そこで『SEED』は既存のガンダムファンのための新作でなく、「『ガンダム』を知らない、これからのガンダムファンを獲得する」ために、「『SEED』を通して『ガンダム』を知ってもらう」ために製作された。だからこそ、『SEED』は『ガンダム』の入門編にぴったりというわけなのだ。

■“ガンダム初めて”でも困らない分かりやすさ

さて、そんな『SEED』は、C.E.(コズミック・イラ)と呼ばれる人類が宇宙でも暮らし始めた時代の物語。遺伝子調整で生まれた人類「コーディネイター」と、これまでの人類「ナチュラル」は、軍事組織ザフトと地球連合軍に分かれて戦いを繰り広げていた。この戦争を通じ、コーディネイターである主人公キラ・ヤマト(CV.保志総一朗)と幼馴染みのアスラン・ザラ(CV.石田彰)の苦悩と成長が描かれていく。詳細はそれこそアニメを観てもらいたいところだが、「ガンダム」をオマージュしつつ、前述したように分かりやすくなっているというのは初めての人には安心するポイントだろう。

2つの対立する人類と、それぞれの軍に分かれてしまったキラとアスランの戦いというダブル主人公構図。共にガンダムに乗る、ガンダム対ガンダムという見た目にもキャッチーな絵作り。何より、そのエピソードの中で動く美形ぞろいのキャラクターたちが、アニメに慣れた視聴者層にはフィットするものだった。もちろん、ミリタリー色とリアリティー色が薄れたことで、一部従来ファンからの非難があったことも確かだ。それでも当時、狙い通りに新規若年層を呼び込み、大勢の女性ファンを獲得し、そこから再びガンダムシリーズを盛り上げたのだから、『SEED』の方針は間違っていなかったと言えるだろう。

■恋愛要素、友情要素ありのヒューマンドラマ

ちなみに、『ガンダム』と言えばロボットアニメ。そう思っている人は多いはず。それはそれで間違いではないけれど、その前にあるのが、『ガンダム』はヒューマンドラマであるということだ。『ガンダム』は子ども的には「モビルスーツ」という画期的なリアルロボットの活躍、宇宙世紀という近未来のSF世界観がワクワクするポイントだったが、一番の魅力は大学生以上の世代もハマった戦争テーマの大人なストーリー。その中で描かれるキャラクターたちのドラマにあった。

『SEED』もそこは抜かりなく、キャラクターのバックボーンから絡み合うドラマを色濃く描き、そこに恋愛要素や友情要素がSEEDカラーとして塗られている。ちょっと飛躍して例えるなら、ラノベ風ヒューマンドラマというものがここにある。それも昨今の人気ジャンルであるので入門編として良いと思うポイントだ。

とは言え、テレビシリーズを約50話観るのは大変という方には、3部作に再構成された総集編版もいいかもしれない。『SEED』の次には続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』があり、2024年1月26日からは完全新作の映画『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の上映もスタートする。劇場版は、テレビ放送から約20年を経て続編が描かれることになり、アニメ業界では非常に注目されている。これを機にガンダムシリーズに興味を抱いてくれる人が1人でもいるなら、こんなに嬉しいことはない。