若手俳優の竹内涼真が7月31日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に出演、自らの恐怖体験を明かした。

とある駅で妹と電車を降りると、ある女性と50メートル以上離れているのに目が合ったとか。

「その瞬間に金縛りにあったんです。目が合った瞬間に体が止まって、呼吸ができなくって、そのままエスカレーターのほうに向かって歩いて行くんですけど、妹はそれに気が付いてなくて、息もできずに声も発せられないのでそのまま歩いていくんですけど、あっちも僕にだんだん近づいてきてスゴイ笑ってて。エスカレーターに乗って、その女性が見えなくなったら、やっともとに戻ったんです」と話した。

司会の後藤輝基(フットボールアワー)は「怖っ!」と驚き、スタジオでは「え〜っ!!」と恐怖の悲鳴が。

ガヤ席にいた、生霊を「メッチャ見る」というシークエンスのはやともは竹内に「いいのも、ついてます。悪いのもついてます」と診断。

どんな生霊がついているのか「言ってほしい」という竹内に「あ〜、一個はやめときます」と意味深発言。

「さっきの金縛りの話につながりますが、女性です。一人じゃないです。竹内さんが見た人は、もちろん生きてる人です。でも一人の生霊が金縛りをかけることはできないんです。ってことは、何人かの人間が『襲ってやろう』としていたはずです。妹さんがいなかったら、そのままどっかに連れていかれたはずです」

はやともの診断に竹内は「マジかよ〜」と恐怖におののいていた。ちなみに、後藤についている生霊は「良いモノしかついていなくて、芸能人で初めて見ました。数と質が良い」とのこと。

その人数を聞くと「100……」とはやともに診断された後藤は、「ちょっと待ってくれ。俺の上にマンション1棟分の住人いるの?」と得意の例えツッコミで笑いを誘った。

次回は夜11:59から放送予定。ゲストに三代目JSoulBrothers from EXILETRIBEの登坂広臣と山下健二郎が登場。