鈴木亮平が主演を務める日曜劇場「下剋上球児」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の公式Instagramが11月24日に更新。11月26日(日)放送の第7話を先取りする野球部の全力反復横跳び映像を公開した。

■高校野球を通してさまざまな愛を描く日曜劇場「下剋上球児」

本作は菊地高弘氏のノンフィクション小説「下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル」が原案となり、「最愛」(2021年)や「アンナチュラル」(2018年)など数多くのTBSドラマを世に送り出してきた新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督が贈るドリームヒューマンエンターテインメント。

高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く。鈴木が主人公で越山高校に務める教師・南雲脩司を演じ、黒木華、井川遥、生瀬勝久、大倉孝二、松平健、小泉孝太郎、小日向文世らが出演している。

■“青春”を感じる越山高校野球部の全力反復横跳び映像に鈴木亮平“南雲先生”発見

この日、公式は「第7話をちょっぴり先どり!強化練習みんなで全力反復横跳び編。あれっ1人遅れてるのは……?久我原くんは大丈夫?!一番後ろには南雲監督の姿も…!!皆さん、お疲れ様です…!」とコメントし、山住(黒木)の笛の合図で全力で反復横跳びをする越山高校野球部の映像を投稿した。

この投稿に「越山のみんな和気あいあいとしとってかわいい」「ザン高野球部メンバー見てるとホッコリしちゃう」「久我原くんの転けるところ爆笑した」「みんなきつそうだけど、なんだか楽しそうでもある!青春ですね」「みんな頑張って〜南雲先生に負けてるよ(笑)」「南雲監督♪軽やかなフットワーク!」などのファンの声が上がり反響を呼んでいる。