鈴木亮平が主演を務める日曜劇場「下剋上球児」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第7話「監督復帰!逆境を乗り越え夢を掴みとれ」が11月19日に放送された。同ドラマは高校野球を通じて現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描くドリームヒューマンエンターテインメント。南雲(鈴木)を監督として呼び戻すために1勝を勝ち取った越山高校野球部の本格的な下剋上が始まった。(以下、ネタバレを含みます)

■新井順子P×塚原あゆ子監督が手掛ける初の日曜劇場作品

作品を手掛けるスタッフ陣は、「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」(2022年)、「最愛」(2021年)、「MIU404」(2020年、全てTBS系)をはじめ、数々のドラマを世に送り出してきた新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督。2人のタッグによる、初の日曜劇場枠での作品となる。脚本はこれまでも2人の作品を数多く手掛けてきた奥寺佐渡子氏が担当している。

■鈴木亮平演じる主人公・南雲に関わる登場人物を黒木華、井川遥らが演じる

廃部寸前の弱小野球部の顧問を担当することになる主人公・南雲脩司を演じる鈴木は「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」以来、約2年ぶりに日曜劇場へ出演。そして、南雲が教える三重県越山高校に赴任してきた野球好きな山住香南子を黒木華が演じる。

また、南雲の妻・南雲美香役で井川遥、地元の産業を支える名家であり先祖代々の大地主・犬塚樹生役で小日向文世が出演。さらに、生瀬勝久、明日海りお、山下美月(乃木坂46)、きょん(コットン)、松平健、小泉孝太郎らが出演している。

■元監督・顧問の横田が丹羽校長らを説得

2017年夏、高校野球の三重県大会の初戦を突破した越山高校。それは「1勝したら監督として戻ってきてほしい」という部員たちの熱い思いで勝ち取った1勝だった。

2回戦は春の優勝校でもあるシード校の伊賀商業。越山が優位に試合を進めていたが、7回に際どいコースの判定がボールとなり押し出しで同点にされてしまう。そして、外野を守る楡(生田俊平)がフライを見失って追加点を入れられ、さらにホームランを打たれ、8対3に。反撃できずに試合終了となり、この年の越山高校の夏は終わった。

12年ぶりの初戦突破。2回戦もシード校相手に善戦したが、部員たちは悔し泣き。ここにも成長が感じられる。

野球部員たちは南雲の監督復帰を喜び、歓迎しているが、問題は校長の丹羽(小泉)とグラウンド提供など野球部のスポンサーである犬塚(小日向)の2人。南雲は元監督の横田(生瀬)と部長の山住(黒木)と一緒に丹羽校長に謝罪に行く。

「学校辞めてから後悔ばっかりでした。後ろ指さされて当然だと思って過ごしてきました。でも予選で健闘する部員たちを見て目が覚めました。後ろ向きに生きている自分を恥ずかしいと思いました。もう一度彼らと前を向いて生きていきたいんです。どうかチャンスをください」と南雲が伝えるが、丹羽たちは渋い顔を見せる。

そんな時、横田が部員たちには南雲が必要だと訴え、「失敗した人間の背中、いつまでも蹴り続けて楽しいですか?あんたらはいっぺんも失敗したことないっていうんですか?失敗重ねて今があるんちゃいますか?南雲脩司はみっともない背中を見せようとしている。それ蹴飛ばして、何が教育者や!」と啖呵を切った。


■ 丹羽校長「越山高校の評判を回復していただきたい」

横田の言葉に校長の丹羽も決断。「越山高校の評判を回復していただきたい」と、南雲の監督復帰を容認した。

「越山高校の監督として、来年の甲子園予選でベスト8を目指してください」という丹羽の言葉に、南雲は「いえ、優勝を目指します。彼らを甲子園に連れて行きます」と返した。

部員たちとのミーティングで南雲と山住が示したのは「目標!甲子園」だった。

エースの犬塚翔(中沢元紀)は「行きたいです、甲子園!」と答えたが、他の部員たちは消極的。そんな部員たちに、それぞれがどんなに成長したのかを話し、みんなの士気を高めた。

2回戦でフライを捕れなかった楡に関しては、その後、部活を休み、“退学”という話まで出たが、原因が成績と視力の問題だと分かり、視力に関してはコンタクトレンズを装着するということで解決し、野球部に戻ってきた。

みんなが「甲子園に行きたい」という気持ちを持って、椿谷(伊藤あさひ)が主将の新体制がスタートした。

■主将・椿谷が「日本一の下剋上を目指します!」と宣言

練習試合の数、練習量ともに3倍に増やし、経験を積んでいく越山高校野球部。その結果、2018年春の県大会ではベスト16という好成績を収めた。

6月、夏の県予選に向けて、ベンチ入り20人が発表された。エース番号「1」は犬塚翔。ピッチャーとしての成長著しい根室は「10」を手に悔しそうな表情を見せた。犬塚も根室の成長を認めていて、自分でいいのか?と悩むが、祖父に励まされ、「甲子園に連れて行く」と約束する。

7月、「全日本高等学校野球選手権 三重大会」が始まった。初戦を7回コールドで勝利し、2回戦も危なげなくコールド勝ち。3回戦は接戦となるがチーム野球で乗り切り勝利を掴んだ。

34年ぶりのベスト8。主将・椿谷は「日本一の下剋上を目指します!」と力強く宣言した。

試合に勝って甲子園を目指すというだけでなく、部員それぞれの成長、そして一度どん底にまで落ちた南雲の復活など、見ている人が共感できる重要なメッセージがたくさん込められていた回となった。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

※このドラマは「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘 著)にインスピレーションを受け企画されたが、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションです。