Sexy Zoneらがソロやユニットでライブを行う「Summer Paradise 2017」(7月29日〜8月29日にTOKYO DOME CITY HALL)がことしも開幕! トップバッターとなる中島健人が初日公演終了後に行われた公開記者会見に出席。「Mission;K」というタイトルの通り、ライブのコンセプトは「Mission」。3017年から来たアンドロイドの中島“ケントロイド”が、愛する人を守るためにさまざまなMissionを遂行していくというもの。会見で中島は、ソロライブへの思いをたっぷりと語っていた中島。さらに、先輩とのエピソードが飛び出すなど、盛りだくさんの会見の模様を全文リポート!

■ 「Mission:K」公演タイトルの由来を明かす

――いよいよ、ことしもサマパラが始まりましたね。

始まりました。

――しかもトップバッターで、スタートを切る気持ちはいかがですか?

最初っていうのはプレッシャーなので、この夏最高のMissionだなと思いますね。

――そこからMissionが始まってるんですね。

もうMission始まってますね。

――今回は「Mission」がテーマなんですよね。

はい。「Mission:K」っていうタイトルなんですけど、僕自身一日一日を何げなく生きるのではなくて、しっかりと一つ一つに意味を持って生きていく。それは人生はMissionなんじゃないかな?っていうところから、「Mission:K」というタイトルをつけさせていただきました。

――Knety Girls(中島のファン)を?

幸せにする!

――いつから来てるんでしたっけ?

3017年です。1000年後の未来から来ました。

――人間じゃないんですよね?

そうですね。健人とアンドロイドでケントロイドです。

――今のMissionは?

今のMissionは、記者の皆さんにハッピーになっていただく。

――私たち記者のMissionは?

僕からすてきなお話を聞き出す(笑)。それは皆さんのMissionです。

■ 昨年のチョウからよりシンプルなスーツに

――コンサートのアイデアはどこから来たんですか?

そうですね。一昨年は彼氏彼女、去年がバタフライとハニーという設定だったので、少し男らしいコンセプトにしたいなって思っていて。やっぱり男性というのは女性を守っていかないといけない。全ての人を守っていかなきゃいけないっていう任務があるなって思って、今回はMissionという言葉がふさわしいなって思いました。

――Missionは遂行できましたか?

僕的に遂行できたと思うんですけど。できてましたか? Kentyスタッフも幸せになってましたか?

――なっていました(笑)。

ありがとうございます。

――衣装のアイデアは?

今回は、スーツでよりシンプルに。去年は(衣装に)羽が生えていたんで。去年も人間じゃなかったんですよ(笑)。去年はチョウだったので。だから、ことしは3017年の人というか、それも新しいコンセプトなんですけど、衣装はシンプルで。多分、1000年後の未来も今、侍の文化が愛されているように、スーツの文化も消えないと思うんですよね。時代が巡りに巡ってくる。だから、1000年後の未来もきっとスーツを着てるんじゃないかな?という想像で、今回はスーツでいかせていただきました。

――1000年たっても変わらないものもありますよね?

愛は変わらないですよね。

――きょうは甘い言葉がいつもより少なめなような…。

そうですか?(笑) やっぱり、押し引きって大事ですよね。やっぱり、ずっと自分からボールを投げるっていうのはダメだと思いますし。いい感じにKenty Gilsとキャッチボールができるコンサートというのもやりたいなと思ってたので、自分が一方的に進むコンサートっていうのはあっという間に終わっちゃうし、皆の心にも残らないと思うので。皆さんが何をしたかっていうのもMissionの一つなんじゃないかなって思います。

■ トレーニングの成果! 見事な胸筋を披露!!

――ラストでTシャツを引きちぎる演出もすごいですね。

あれは、ボロボロになっても君を守るっていうテーマなんですよ。どんな紆余曲折を乗り越えても、ボロボロになっても君を守るよっていうテーマなので、衣装をボロボロにやぶかせてもらいました。

――布が残っているのが、よりセクシーでした。

そうですね。布の面積大事ですね。はい(笑)。全部脱ぐよりは、そうですね。

――ファンの声は聞こえましたか?

心にちゃんと響きましたし、みなさんの叫び、最高でしたね。Kenty Girls最高でしたね。

――美しい肉体美ですが、体は鍛えたんですか?

そうですね。夏に向けて何もしないのはダメだなと思ったので、運動はするようにはしてます。一日腕立て10回とか。

――少なくないです!?(笑)

本当のことはケントロイドは言わないんで(ニヤリ)。

――あの胸筋はそうそうつくれないですよね。

自分ではそんな実感ないんですけど、そう言っていただくことが多いので。「胸筋いいね!」って言われることが多いから、今回は胸筋を出しました!

■ プライベートでのMissionは家族旅行

――プライベートでの夏のMissionは?

家族と旅行に行きたいですね。全然一緒に旅行も行けてないですし、親孝行したいなと。この夏はそれがMissionだなと思ってますね。ことしの3月に大学も卒業したので、感謝の気持ちを込めて、いろんなところに連れて行ってあげたいなと思ってます。そのときは僕が守りますからね!

――今、心から叫びたいことは?

この夏を盛り上げる。それです。プライベートのことですか? 何だろう…。自分的には、一日一日後悔しない! それがMissionだ!(叫ぶ)っていう感じです。これが叫びたいことです。

――これから、一公演一公演全てがMissionですもんね。

そうですね。一瞬一瞬がMissionですし、未来を明るくするためには、今を必死に生きることが大事だなと思うので。今を大事に! 人生はMissionっていう気持ちで頑張りたいです。

――夜の公演には、先輩がいらっしゃるとお伺いしました。

はい。本当に今、「刑事7人」のドラマの撮影でお忙しいと思うんですが、東山紀之さんがいらっしゃっていただけるそうで。本当のリアル「Secret Agent Man」がお越しになるので。お忙しい中、ありがたいですね。

――憧れている?

はい。本当に大好きですね。

――“ラブホリ”師匠ですもんね。

アハハ(笑)。東山さんはどのように解釈されているか分からないんですけど、自分のファースト(ソロコンサート)「LOVE Ken TV」のヒントをくれたのは東山さんだったんで。(東山のモノマネをしながら)「健人、その会場に来てるのはおまえのことが好きなやつだ。全員彼女だと思え」と言われて。結構いろんな場所で東山さんのモノマネをしているのが、東山さんにバレているので、「今度どっかで返してやるからな」って言われました(笑)。

――もしかしてステージ上にも?

分からないです。見に来ていただけることだけで、僕は幸せなんで。

■ 1000年後も人を愛していると思う

――もし、健人くんが1000年後にいるとしたら何をしていると思いますか?

人を愛してると思いますね。そこは変わらないです。最終的にフェイス・トゥー・フェイスだけが残る世の中で、そこだけは変わらないんじゃないかな?って。技術とかは革新的になってますけど、どんなに遠くの場所に一瞬で行けるようになっても、フェイス・トゥ・フェイスだけが残る。すてきな文化だな、と本当に思います。

――1000年後も生きてそうな気がします(笑)。

そうですね(笑)。僕の人生に限りはないですからね!

――ファンのみなさんにメッセージを。

この夏、僕が皆さんを必ず幸せにします。皆さんを必ず守ります。それが僕のMissionです!

――投げキッスをいただけますか?

いや、3017年はその文化は衰退してます(笑)。

――投げキッスに代わるものは?

それは教えられないですけど。分かりました。2017年バージョンで(笑)。この夏、精一杯皆さんを愛していきたいと思います。それが僕のMissionです!(投げキッスをしてから)パーン!(と指をピストルにしてカメラを撃つ) パーン! パーン! パーン! ありがとうございました!