NMB48・山本望叶主演のドラマ「アイドル失格」(BS松竹東急<全国無料放送・BS260ch>)が、2024年1月13日(土)夜11時より放送スタートする。そしてこの度、同じくNMB48のメンバーである川上千尋、上西怜、泉綾乃の3人も出演することが発表され、キャスト陣からのコメントも届いた。

■人気アイドル「テトラ」のメンバーを現役アイドルたちが演じる

NMB48・安部若菜による同名小説を実写ドラマ化した本作。不動のセンターとしてキラキラ輝くアイドルと、そのアイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」との禁断の恋と成長が描かれる。

主人公のアイドル・小野寺実々花役を務めるのは、NMB48の新世代ビジュアルエース・山本望叶。そして実々花にガチ恋するオタク・ケイタ役を、映画や舞台などで活躍する小林亮太が演じる。

さらに、今回出演することがわかった川上らは、実々花が所属するアイドル4人グループ「テトラ」のメンバーとして出演。一ノ瀬萌役を川上が、空野あかり役を上西が、川嶋サヤ役を泉がそれぞれ担当する。

また今回、月刊誌「コンプティーク」(KADOKAWA)にて漫画家・空野セイによるコミカライズも決定。2024年1月10日(水)発売の「コンプティーク2月号」より、連載がスタートする。同2月号の表紙&巻頭特集も「アイドル失格」で、ドラマ版の主演・山本と描き下ろしイラストのコラボ表紙となっている。

■「アイドル失格」あらすじ

アイドルグループ「テトラ」は、センターの実々花(山本望叶)、サヤ(泉綾乃)、あかり(上西怜)、萌(川上千尋)で構成される人気急上昇中の4人組。しかし高校2年生の実々花は、夢だったアイドルになったものの、理想と現実のギャップに悩み、笑顔の裏で孤独と虚無感を抱えていた。

そんなとき実々花はケイタ(小林亮太)に出会う。ケイタは夢や目標がなく冴えない日々を送る大学生だが、実々花の大ファンで、叶わない恋と知りつつも本気で実々花に恋をしているオタクだった。実々花はSNSを通じて自分を励ましてくれるケイタに惹かれ、ある日ケイタのバイト先に向かう。次第に接近しデートを重ねる二人だったが…。

■川上千尋 コメント

一ノ瀬萌役の川上千尋です。この度、わかぽんの書いた「アイドル失格」の小説がドラマ化されるということで、とても楽しみな気持ちと役をわかぽんから直々に任せてもいいですか?との声をかけてもらって挑戦できることがすごく嬉しかったです。

■上西怜 コメント

安部若菜ちゃんの小説がドラマ化すること、そしてそんなドラマに出演させていただけること、とても嬉しいです!ありがとうございます。原作の「アイドル失格」を初めて読んだ時に、アイドルとしても1人の人としても共感する部分がたくさんで、涙を流しながら何度も読みました。空野あかり役として、この素敵な作品を少しでも多くの方にお届けできるよう精一杯頑張ります。

■泉綾乃 コメント

アイドル失格のテトラのメンバーとして出演させていただくことになりました!初のドラマ出演!慣れない環境で今すごく悩みながらも楽しく充実しながら撮影させて頂いてます!原作を知っている方にも知らない方にも何か感じて刺さる作品にできるよう最後まで努めてまいります!皆さん是非ご期待ください。