8月7日(月)の「世界ルーツ探検隊」(毎週月曜夜7:00-7:54テレビ朝日系)で、多岐川裕美・華子母娘がフランスからスイスまで1200kmもの旅を繰り広げる新企画に挑戦する。

同番組は、暮らしの中にある身近な“モノ”のルーツを解き明かしていく知的エンターテインメント。

行く先々で絶景を堪能しながら、さまざまなモノのルーツを探る新企画「国境またいでルーツを探せ」の第1回には、女優の多岐川裕美・華子母娘が登場。フランスのパリからマッターホルン山麓にあるスイスの街・ツェルマットまで現地でレンタカーを借り、1200kmものドライブ旅を敢行する。

娘の華子は免許がないため、母・裕美が運転することになるが、神経を使う海外での長距離運転に加え、ドライバーの裕美はワイナリーに行ってもせっかくの大好きな酒が飲めず、すっかり疲労困憊(こんぱい)。娘の前でもしばし不機嫌モードになってしまう。

そんな中、ケーキの定番「モンブラン」や、「チョコレート」のルーツなどさまざまなルーツを探っていく2人は、スイスで“車を載せる車両運搬車を併設した電車”カートレインを体験。

さらに、ゴールであるツェルマットでは、ずっと乗ってきたレンタカーでは立ち入れないことが判明する…。

数々のハプニングに見舞われながらもツェルマットに到着した2人は、娘から母へのへサプライズとしてマッターホルンを望む展望台まで観光客を運ぶ、VIPゴンドラに乗り込むことに。優雅な気分でアルプス山脈の絶景を眺めていた2人は旅の最後、そろって涙を流すという一幕も。

母と娘、深い絆で結ばれた気の置けない関係だからこそ垣間見ることができる“旅での人間模様”に注目だ。