8月7日深夜0時よりNetflixで配信された「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」第33話では、智可子の元夫・キャメロンや、アーマン&マーサカップルも登場した。

■ 智可子の元夫がついに登場!

前週で大志とのWデートを終えた智可子は、自身の気持ちを伝えようと元夫・キャメロンと再会。「よりを戻したい」というキャメロンに対し、智可子はかたくなに断る。

そして、テラスハウスへ帰宅した智可子は、そのまま大志の元へ。「大志のことは信頼しているし、真剣に向き合っているつもりだから、隠したくない…」とキャメロンと話し合ったことを報告する。

■ 一方の大志は…

話を聞いた大志は「ありがとう」と智可子に伝えるが、その後、良と二人きりになると「何を言われるか分からなくて怖かった…」と泣いてしまう。

この姿に、スタジオの徳井義実は「普通、こういう時は智可子のことを心配するよね(笑)?」と冷静にツッコミを入れた。

■ ”男子会”で集結!

さらに、今回は男子メンバーが開いた”男子会”にエリック、アーマン、マーサが参加。大志がエリックにシェリーとの関係性を尋ねると、エリックは「自然消滅みたいになった」と話し、シェリーとの間に起きたあるエピソードを語る。

すると、エリックの告白に大志は、「シェリーは人に対するリスペクトが無さすぎる…」と顔をしかめた。

■ 満理子が涙…一体何が!?

また、第33話ではメンバー内のもめ事も発生!シェリー以外が集まったリビングで、満理子が突然泣き出してしまう。

その事情を知った大志は、「これは満理子だけの問題じゃないから」と言って怒りをあらわに。穏やかだったテラスハウスの雰囲気が一変してしまうほどの出来事とは!?