8月7日より、映像配信サービスdTVのバラエティー「トゥルルさまぁ〜ず」の最新話(#530)が配信中。今回はさまぁ〜ず、あびる優、永島聖羅らが動いているルンバに乗った紙コップにピンポン玉を入れるゲームで盛り上がる。

視聴者から「動くルンバに乗せたコップの中に、より多くのピンポン玉を入れた方の勝ち」というゲームの投稿が寄せられ、三村マサカズとあびる、大竹一樹と永島でそれぞれペアを組んで対決する。

■ 女性陣の天然ボケがさく裂!

大竹からボールコントロールは得意かと聞かれた永島は「はい、投げるのは結構速いので!」と回答し、「いや、速さいらないから…」とツッコまれてしまう。一方、対戦相手ペアのあびるも「え、待って! ルンバ動くの!?」とルンバの意味を無視した天然発言をし、スタジオを大爆笑させた。

コップの乗ったルンバが机の上で動きだすと、玉入れのカゴが常時動き回る状態に。ここで大竹が意外な才能を見せ、次々にピンポン玉をコップの中へ投げ入れていき勝利し、三村&あびるペアの罰ゲームが決定した。

■ 恐怖の罰ゲームでマシュマロが凶器に!?

そして、バズーカに充填されたマシュマロが超高速で顔面に発射されるという罰ゲームでは、手に持ったマシュマロ回避用の網もむなしく、三村の顔のど真ん中にマシュマロが高速でヒットし、鼻を真っ赤にしてしまう。

続いて、永島が事務所の先輩・あびるの顔面へマシュマロをお見舞いすることになるが、「あびるさんにバズーカを撃つってすごい心が痛いです」と先輩への配慮を見せるも、「三村さんの方がまだちょっと…」と大先輩の三村へは遠慮がないおとぼけ発言をする。

さらに、番組の様子を見に来ていた同番組の配信元であるエイベックス通信放送株式会社の社長が、三村の「社長にまで上り詰めた人なら避けられるんじゃない?」と言う提案で、急きょマシュマロバズーカを受ける羽目に。