矢口真里がMCを務めるトークバラエティー「矢口真里の火曜The NIGHT」が、8月8日深夜に生放送され、矢口がモーニング娘。時代の心も体のバランスが取れなかったときのエピソードを明かした。

先日、秋葉原発の5人組アイドルユニット・でんぱ組.incの人気メンバー・最上もががグループを脱退することを発表した、という話題になり、矢口は「そうだ! ネットニュースになっていてビックリした!」と、その件で大いに驚いたことを明かす。

同じくMCの岡野陽一が「心と体のバランスが取れなくなって、みたいな。それってやぐ姉も気持ち分かるんすか?」と振ると、矢口は「(最上は)ソロ活動が多いからじゃないですか? 女優業とかもやっているし。で、やっぱ戻った時にグループ内の1人として戻らなくなるとか、もしかしたらそういうことなのかなって私は思ったんですけど。本人に聞くまで分からないですよね」と、アイドルの先輩として理解を示す。

それを受け、岡野が「やぐ姉も一番キツイ時期とかあったんですか?」と矢口を問い詰めると、矢口は当時のエピソードを明かした。

「いやー、私ユニット抱えてる時に全然付いていけなかったですね。1日に3ユニットとか収録するんですよ。朝、ミニモニ。をやって、昼にタンポポをやって、夜にはモーニング娘。みたいな…。切り替えが出来なくて、心も体も付いていかなかったですね。衣装着せられてポンッてスタジオに出されて。そういう時はありました」と、矢口は苦笑いしていた。

また、先日東京・お台場周辺エリアで開催された世界最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)に、岡野が参加したという話題も。

「Zepp TOKYOが満員で、(以前番組にきた)大阪☆春夏秋冬が出てきて。なんか不思議な気持ちですね。Twitterで『見に来たよー』って言ったら絡んでくれました」と振り返る。これに矢口は「え!? ステージから!?」と興奮した様子で聞くと、岡野は「ステージからは全く」と回答。

矢口は「ああー!! 惜しいー!!」と言い、続けて「そういうのってさ、見つけてもらった時にすごい自分が一般人になるんですよ。私もよくライブを見に行ったりするんですけど、目が合って手を振ってもらったら一般人になるんですよ! うれしい! みたいな」と笑みを浮かべた。