深谷かほるの人気コミックを渡辺直美主演でドラマ化した「カンナさーん!」(TBS系)。カンナさんのパワフルな生きざまもさることながら、キュートなファッションも本作の見どころ。そこで、ファッション連載第3回は「元気が出るビタミンカラーの使い方」に注目!

■ デザイン画50枚! 大量の宿題にカンナさんピンチ

一人息子・麗音(川原瑛都)の育児をこなしつつデザイナーとして奮闘するシングルマザーの河東カンナ(渡辺直美)。

8月8日放送の第4話では、ファッション界のカリスマ・ニック難波(加藤雅也)に見いだされ、デザイナーとして一躍有名になるチャンスが到来!

しかしニック難波の要求は高く、カンナは「明後日までに手書きのデザイン画を50枚」というとんでもない宿題を出されてしまう。その夜訪ねてきた元夫・礼(要潤)の提案で、カンナは礼の実家に泊まり込み、元姑・柳子(斉藤由貴)に麗音のお世話をお願いすることに。

案の定、同居初日から柳子の嫌味攻撃が炸裂。麗音の面倒を見てもらうためには、多少のことは我慢我慢…とデザイン画づくりに没頭するカンナ。しかし、楽しそうな麗音と柳子、その夫・徹三(遠山俊也)の様子が気になって、なかなか仕事に集中できない。果たしてカンナはニック難波の要求をクリアすることができる?

■ イヤリングにも同配色で統一感を演出!

カンナの今週のファッションは、色使いがポイント。

礼の実家に泊まりに行った初日に着ていたのは、やさしいピンクのチェックワンピース。

足元や腕時計は白で統一し、頭に巻いたスカーフはピンクと相性のいいブルー系をチョイス。スカーフとリュックに入った水色が涼しさを呼ぶ、夏らしいコーディネートだ。

そして約束の2日後、50枚のデザイン画を抱えてニック難波の元を訪れたカンナのファッションに注目!

清潔感ある白いシャツに、カンナの元気さを象徴するビタミンカラー・オレンジのロングスカート。頭に巻いたスカーフにもオレンジの差し色が入った統一感あるコーディネート。トレードマークの揺れるイヤリングにもさりげなくオレンジをあしらい、細部まで計算された夏らしい元気スタイル!

「カンナさーん!」のスタイリングも手掛け、渡辺自身の専属スタイリストとしても活躍中の大瀧彩乃さんは「シンプルだけどどこか可愛いデザインの施されている白シャツに、インパクトのあるオレンジのスカートを合わせました。頭のスカーフにはドット柄が入ることによって元気さがプラスされています」とポイントを解説。

じつはこのシャツ、渡辺の私物。渡辺自身も「ボタンのところがソフトクリームになってるんですよ!かわいいですよね」と凝ったディテールがお気に入りの一着なのだとか。

ビタミンカラーを身につけると、気持ちも明るく元気になるもの。夏こそ、発色のいいビタミンカラーを大胆に取り入れる絶好のチャンス!

この日の放送では、オレンジをテーマにしたコーディネートがもう1パターン登場。

優しい色味のオレンジの花柄が大きくあしらわれた、ちょっとハワイアンな雰囲気漂うワンピース。でも襟元から肩にかけての露出は少なく、仕事のミーティングにも違和感なく着ていけそう。カンナさんの大輪の笑顔には、オレンジがよく似合う!

■ 「自分らしく」がカンナの魅力!

デザイン画50枚を描き上げたものの、ニック難波に「ガッカリだよ。線が踊ってない」と却下されてしまったカンナ。「キミは楽をして自分自身をごまかしてる。やっぱり主婦と掛け持ちのママさんデザイナーには無理か」とまで言われて、このまま引き下がるわけにはいかない!

「もう一日だけチャンスをください」

麗音の保育園の青田先生(工藤阿須加)や職場の後輩・翔子(トリンドル玲奈)の協力で、柳子や徹三も巻き込んだコスプレ大会で遊んだ後は、礼の家を出て自宅に戻り、自分らしい生活の中で自分らしいデザイン画を描き上げた。

「エクセレント!」

カンナの作品の変わりぶりにニック難波は「これなんだよ! 線が踊ってる」と絶賛! 「世界中の女の子が私の服を着て笑顔で歩いてる」――カンナの夢はまた一歩、実現に近づいた!?

■ 8月15日放送の第5話、注目のファッションは…?

15日放送の第5話では、青田先生と翔子の恋のキューピッドとなるべく、遊園地デートを企画。そこになんと、カンナにほれ込んだニック難波も現れて…。

そんな第5話では、遊園地でも元気いっぱい!カンナの休日ファッションをご紹介します!