8月15日の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、SKE48の新曲「意外にマンゴー」のセンターを務め“奇跡の透明少女”とも呼ばれる15歳の小畑優奈が、AKB48を天真爛漫に挑発する一幕が放送された。

この日の番組は「AKBグループの覇権を握るのは!?」としてAKB48とSKE48が闘うというもの。

MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が、SKE48の小畑優奈に「今のAKBだったら勝てる?」と問うと、「勝てます!全員いけるんじゃないですか♪」と笑顔で発言。さらに収録メンバー最年長のSKE48大場美奈が「余裕ぶっこいてたら消しますよ」と援護し、48グループ対決は初戦から火花バチバチのガチ対決となった。

勝負は体力5番勝負で、1回戦は3対3の「勝ち抜き 腕相撲決戦」。先鋒は馬嘉伶(AKB48)と北川綾巴(SKE48)。初戦を勝ったのは北川だったが、AKBの次鋒、小田えりな(チーム8)に敗れてしまう。続いて小田がSKEの次鋒、竹内彩姫を下し、さらにSKEの大将、北野瑠華を余裕の表情で瞬殺。圧倒的な強さを見せた小田が3連勝し、1回戦はAKB48が制した。

2回戦は「THE限界ofスクワット 3on3」。各チーム3人ずつが同時にスクワットし、一番最後まで残っていたチームが勝利するという過酷な対決。AKB48は向井地美音、倉野尾成美、岡部麟。対するSKE48は小畑優奈、大場美奈、日高優月がエントリー。

ここでMCの中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)が、野球選手のモノマネが得意であるとSKEの日高優月を紹介し、日高が「中日ドラゴンズファンなら絶対笑える」と説明した上で、“内角高めの球をのけ反って避ける、元中日ドラゴンズのリカルド・ナニータ選手”と言う細かすぎるモノマネを披露。

MCの2人が本当に似ているのか疑問を投げかけると、「本人比較画像もありますから。今出てます」とオンエア時に自身のモノマネにかぶせて入る本人画像を要求する高度なコメントを発表。バラエティスキルの高さを見せた。

すると村本が「モノマネで言うと、うちの岡部麟ちゃんの方が上手い」とムチャぶり。「エド・はるみいく?」と振ると岡部は全力でこれを披露。やり切るとあまりの恥ずかしさからスタジオから逃亡してしまう。村本が慌てて「待って待って、麟ちゃん、ごめんごめんごめん」と謝りながら追いかけ、すんでのところで引き止めると「つくばエクスプレス乗るとこだった」と茨城出身の岡部で笑いを誘った。

スクワット勝負は、向井地美音が146回、岡部が219回で脱落。「25歳が足を引っ張るわけにはいかない。やるべきことは大人としてやります」と意地を見せていた大場が同じく倒れ「もう無理です」と漏らし脱落。ここであまりにも想像を超えた戦いとなったため、250回時点で残っていたメンバーの多い方を勝ちとするルール変更があり、終了時AKB48が倉野尾1人に対し、小畑と日高の2人が残ったSKE48チームが勝利。2回戦を制した。

村本から感想を聞かれた小畑は「清々しいです」と答え、日高は「中日が勝つかなと思ってやってました、ずっと」と、中日の頑張りを自信に重ねて頑張っていたことを告白。村本から「気持ちは名古屋ドームにあったわけですね?」と振られると「マウンドに!」と即答。村本から「(気持ちは)スタジオにお願いします」と突っ込まれ笑いを誘っていた。

次回は8月22日(火)、「AKB48 vs SKE48 ついに決着!」を放送予定。