10月より第5シリーズがスタートする、米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)に、史上初の“クリーンな敵”として大地真央の出演が決定。大地は「このような人気の高いドラマに出演できること、そして大役を頂けたことを、とてもうれしく思うと同時に、責任を感じています。この大役をやり遂げるぞ!と燃えています」と喜びつつ、気を引き締めた。

最新作では、“失敗しない”フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)が、“患者ファースト”を掲げる初の女性院長が誕生した日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で、新たな権力闘争に立ち向かう。

これまで、“越後屋”よろしく金と権力に溺れた大人たちが未知子の前に立ちはだかることが多かった本シリーズにおいて、このたび大地が演じる女性院長・志村まどかはクリーンな敵だ。

大地とじっくり撮影で向き合った米倉は「大地さんはオードリー・ヘプバーンみたい!」と大興奮。「本当に美しくて、プロポーションも完璧で…。私には、大地さんのあの体形を維持する自信がない!(笑)」と、羨望のまなざしを向けた。

一方、大地は「米倉さんと私は偶然にも、同じボイストレーナーの先生に師事していまして、米倉さん主演のミュージカル『シカゴ』も拝見したんです。ちゃんとお話するのは『ドクターX』の現場が初めてですが、米倉さんはとても気さくな方!」と印象を明かした。

そんな大地が演じるまどかは「東帝大学」医学部を首席で卒業した頭脳を持ち、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で「東帝大学病院」初の女性院長となった人物だ。完璧な清廉性ゆえに、周囲からは“マダム・クリーン”と呼ばれている。

“患者ファースト”を第一に掲げながら医療改革を行い、蛭間前院長(西田敏行)が推し進めてきた“医局ファースト”の悪しき権力態勢を一掃した彼女は、未知子の腕前も高く評価。周囲の反対を押し切り、未知子を雇うことにする。

患者ファーストという崇高な信念は、未知子もまどかも同じであり、普通ならばすぐにでも意気投合しそうな2人。

これについては大地も「まどかは、自分の力だけで初の女性院長にまで上り詰めたエリート。米倉涼子さん演じる未知子さんと少し似たところがある半面、フリーランスの彼女に対して時に高飛車であったりもします」と話している。

しかし、2人は“己が考えたベストの道”を信じ、“他に媚びない姿勢”を貫く者同士ということもあり、それ故に2人は医療の現場における、さまざまな局面で対立していくことに。

「そのあたりのニュアンスが物語のいいエッセンスになるよう、また、まどかの存在によって未知子さんがより引き立つよう、“めりはりの効いた立ち回り”を心掛けています」と大地は、意識しているようだ。

そしてこのたび、未知子とまどかが地方の小さな病院付近で出会うシーンを撮影した米倉は「大地さんは、毅然とした態度で病院改革に取り組む志村院長にピッタリだと思います。声に貫録があって、さすがは宝塚の男役トップスターだった方だな、と圧倒されました」と振り返り、「強い意志を感じる瞳も印象的! 目力の強い未知子としては負けられないな、と思いました(笑)」と、“敵に不足なし”の印象を抱いたようだ。

反対に大地は「実は、撮影初日から米倉さんのオペシーンも拝見したのですが、とにかくスゴくて! 背筋をピンと伸ばし、テキパキと処置する姿が、本物のお医者さまのようでした」と、米倉の女医っぷりに圧倒されていた。