週刊ザテレビジョン創刊35周年特別企画!テレビや映画で活躍するスターたちに「あこがれているスター」について直撃!子供のころの思い出や共演した際の話など、貴重なエピソードの数々をピックアップして公開!!

■ 大先輩の西田敏行さんはとにかく、すごい役者!!(沢村一樹)

西田さんは、「西遊記」('78〜'80年日本テレビ系)の猪八戒のイメージもありましたが、お会いして、すごい人だと思いました。まるで違う扉が開くかのように「何でそんなことができるんだろう」と思う瞬間が。「セリフは役者のものだから」と西田さんが昔おっしゃっていたのが胸に残っていて、忘れられないです。

■ キラキラした'70年代のアイドルたちが大好き(小泉今日子)

音楽番組やドラマが好きで、'70年代のアイドルが出ている番組を見ていました。みんなキラキラしていて、子供ながらにワクワクしていましたね。中でも好きだったのはずうとるび。初めてレコードを買ってもらったのも彼らのアルバムで、3枚目のシングル「みかん色の恋」は、カバーして歌ったくらい好きです。

■ 共演の小泉今日子さんはずっと私の憧れの人(菅野美穂)

小泉今日子さんです。歌番組やドラマなどずーっとテレビで見ていて…。いまだに共演できるなんて夢のようです。いつの時代もかわいらしくて憧れの的なんですが、自分が30代を超えてから、特に憧れるようになりました。小泉さんって、あえて若くあろうとせず、それでもフレッシュでみずみずしくて。すてきです!!

■ 中森明菜さんの歌う姿に夢中になった幼少時代(篠原涼子)

中森明菜さんに憧れて芸能界に入ろうと思いました。初めて自分のお年玉でカセットテープを買ったのが、デビュー曲の「スローモーション」。その後、発売されたベストアルバム『BEST AKINA メモワール』('83年)のジャケットもすごく好きでした。共演させていただいたときは、感動のあまり震えちゃいました。

■ 真田広之さんの深い芝居技術を尊敬!(高橋一生)

真田広之さんの芝居を尊敬してます。子供のころからたくさんのドラマに出演されていて、アクションができるのも憧れです。特に「こんな恋のはなし」('97年フジ系)が大好きでした。病に侵された大金持ちの役なんですが、これまでの真田さんのイメージとは違っていて、悲哀を感じる役だったのを覚えています。

■ 安室奈美恵さんのステージで一目ぼれ!!(上戸彩)

子供のとき、生まれて初めて行ったコンサートが、安室奈美恵さんでカッコかわいい姿に一目ぼれ。「愛してマスカット」を元気いっぱいに歌う安室さんにパワーをもらったことを覚えています。大人になってから再び安室さんのライブに行かせていただき、あらためてその世界観に感動。私には夢のような存在です。

■ 田中裕子さんの持つ圧倒的な存在感(戸田恵梨香)

「この方は本当にスターだなぁ」と思ったのが、「ドラマW この街の命に」('16年WOWOW)で共演させていただいた田中裕子さん。何十年と培ってきた役者として、そして何よりも女性として持っているもののレベルが全然違うなと感じました。現場でお会いした際、その存在感に圧倒されたことを覚えています。

■ 嵐さんと道場六三郎さんに会いたい!(綾野剛)

憧れと言いますか、嵐のみなさんが好きです。スターだけど、バーチャルになり過ぎず、存在しているんだというリアリティーを感じるんですよね。同年代として存在していられて、うれしいです。あと、道場六三郎さん! 僕、「料理の鉄人」('93〜'99年フジ系)世代で、今でも会いたいと思っています。

■ 植木等さんはとにかく、かっこいい存在!(星野源)

植木等さんです。僕が知ったときには既に大ベテランでしたが、若いころの作品も見たりして。植木さんはジャズマンからコメディアンになっていて、すてきだなと。もともと寡黙な方だったらしいのですが、“無責任”というものすごく大きな看板を背負って明るく振る舞っていて、すごくかっこいいなと思います。

■ ウルトラセブンは大人でも憧れるヒーロー(坂口健太郎)

ウルトラセブンです。きょうだいが姉だけなので、小さいころは戦隊モノなどを見ずに育ったのですが、なぜか家に作品のVHSがあったので最近見たんです。ちょっと怖いなという印象があったんですが、大人になってかっこいいなと思い、今、憧れてます。少し前に40cmぐらいのフィギュアも買いました(笑)。