桐谷美玲主演の映画「リベンジgirl」が12月23日に公開され、都内で初日舞台あいさつが行われた。舞台には桐谷、鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、竹内愛紗、斉藤由貴、三木康一郎監督が登壇し、映画を漢字一文字で表現するとなどの質問についてトークを繰り広げた。

同映画で桐谷が演じるのは、ミスキャンパスグランプリで東大主席卒業でありながら、高飛車な性格で友達がいないヒロインの宝石美輝。主人公の美輝が、自分を振った男を見返すため女性初の総理大臣を目指すという物語だ。

主人公を演じる桐谷は、共演の斉藤が「難しい台本で、主人公が突飛ですごく破天荒なキャラクターなので、桐谷さんが、自分の中で作っていこうとチャレンジしている姿が、役柄と通じるところもあって、素晴らしいなと思って拝見しておりました」と感心するように、難しい役に挑んだ。

ことしの漢字が「北」に決まった事を受けて、「リベンジgirl」を漢字一文字で表すというトークテーマになり、桐谷は「宝」を選ぶ。

桐谷は「役名の宝石の宝でもありますし、本当に頑張って作った宝物のような映画になったなというのを感じて、見ていただく皆さんにも(映画が宝物のように)心に残ってもらえたらいいなと思って宝にしました」とコメント。

その他、鈴木は「挑」、馬場は「愛」、清原は「初」、竹内は「一」、斉藤は「勝」、三木監督は「進」とボードに書き、それぞれの意味を説明した。

最後に、桐谷が「頑張る1人の女の子の成長を描いた物語でもあります。皆さんがこの映画を見た後に、また明日から頑張ろうって思ってもらえたり、一歩踏み出してみようという人の背中を押せるような作品になっていたらいいなと思います。本日はありがとうございました」と、観客にメッセージを送った。(ザテレビジョン)