7人の正式メンバーが決定し、無事に12月20日にCDデビューも果たしたラストアイドル。そんな中、“ラストアイドル”ファミリー内の5ユニットによる新たな戦いが幕を開けることが分かった。2018年1月13日(土)より「ラストアイドル」(テレビ朝日)のセカンドシーズンがスタートする。

同番組は、AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートしたオーディションバラエティー。

所属事務所の許可さえあれば他のグループとの兼任もできるという、この業界でも珍しい“プロアマ問わず兼任可能”の応募条件や、毎週行われる問答無用の“メンバー入れ替えバトル”が話題を集めた。

4カ月におよぶバトルの結果、12月16日の放送で阿部菜々実、吉崎綾、大石夏摘、安田愛里、長月翠、鈴木遥夏、古賀哉子の7人が“ラストアイドル”正式メンバーとして、12月20日にデビューシングル「バンドワゴン」をリリースした。

また、番組からはバトルに敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット・Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchiも誕生。いずれもハイレベルなメンバー構成に、アイドルファンの注目を集めている。

彼女たちは“ラストアイドルファミリー”として、2018年2月14日(水)にZepp東京にてバレンタインスペシャルライブと題した単独ライブが行われることも決定した。

そんなラストアイドル」のセカンドシーズンが、2018年1月にスタートすることに。セカンドシーズンで展開されるのは「ラストアイドル」ファミリーのセカンドシングルを懸けて行われる、ユニット対抗の総当たり戦だ。 

5つのユニットそれぞれに、織田哲郎、小室哲也、指原莉乃、つんく♂、そして秋元康という日本の音楽シーンをけん引してきたプロデューサーが1人ずつ就任し、ユニットのメンバーとタッグを組んでバトルを繰り広げる。

この5人の超大物プロデューサーが担当ユニットの楽曲、ダンス、衣装まですべてをプロデュース。バトルの末、第1位を獲得したグループが、セカンドシングルの表題曲を歌うことになる。

なお、誰がどのユニットを担当するかは抽選で決定。予定調和ではない組み合わせが、新時代のスーパーアイドルとして羽ばたく。

この画期的な試みに、ラストアイドルのセンター・阿部は「すごくビックリしていて何が起きたのか分からなかったです。5名のプロデューサーの方々は皆さん本当にすご過ぎて、この企画はアイドル界に革命を起こすのではないかと思っています。

私がそこに居られることが非常にうれしいです。せっかくラストアイドルはバトルに勝ってきたメンバーなので、勝った意味がなくならないようにみんなで頑張りたいと思いました」とコメント。

その他、アイドルグループメンバーのコメントは次の通り。

■ 高橋真由(GoodTears)

5人の有名なプロデューサーの方々にプロデュースしていただくのはすごくうれしいです。うれしい気持ちもあるのですが、ここでセカンドユニットがラストアイドルの上に立てるチャンスでもあるので、私はこのチャンスを絶対に逃したくない、勝ち取りに行きたいです。

■ 松本ももな(シュークリームロケッツ)

こんなすてきな5人のプロデューサーの方々にプロデュースしてもらうのは本当にうれしいです。チャンスをもらったからにシュークリームロケッツ3人で全力で頑張りたいです。

■ 間島和奏(Someday Somewhere)

一度バトルに負けてつらい思いをしてきて、ここから頑張ろうと思っていたところで、このようなチャンスを頂けて、うれしいです。

「ラストアイドル」ファミリーとして他のグループのメンバーとも仲良くさせていただいていたのですが、私たちがトップを取っていきたいという思いはあるので、こういうチャンスを頂いたからには全力を発揮するしか無いと思っています。頑張ります。

■ 山本愛梨(Love Cocchi)

トリハダが止まらないです。夢みたいなチャンスを頂けたのでうれしいです。下克上できるように5人で精いっぱい頑張ります。

■ 織田哲郎

企画を聞いたとき、“相変わらず秋元さんはえげつないことをするなぁ”と思ったのですが(笑)、僕自身、アイドル的要素のあるアーティストをプロデュースしたことはあっても、アイドルとして衣装から振り付けまでプロデュースするということは経験がないので逆に面白さを感じ、チャレンジしてみようと思いました。

同じ音楽プロデューサーである小室さんやつんく♂さんは、それぞれ音楽家としてきちんと得意な分野をベースに持った上で、そこから先のことにも自分流のスキルを持っている方々。

特に小室くんとは生まれた年も一緒でデビューも同じ頃。デビュー前には一緒にライブをやったこともあるし、お互い若かりし頃から共に音楽業界で戦ってきた人間としてシンパシーみたいなものはありますね。きっとすてきなものを作るだろうなと思っています。

皆さん、アイドルについて経験値も高い方々だし、強敵ぞろい。だからこそ、すごく楽しみですね。チャレンジャーとして参戦させていただきます!

■ 小室哲哉

秋元さんとは長いお付き合いで、お仕事もご一緒したことありますし、普段も連絡を取り合っています。そんな中、ご本人からざっくりと依頼を頂きました。「やろっかな、じゃあ」とお返事したかな(笑)。

アイドルグループのブロデュースということに関しては、慣れてないなぁという気持ちです。コミュニケーションの取り方や、活かし方とか。アーティストの方々はある程度、主張が決まっている方が多いので、それを生かすのが私の役目だったりします。

アイドルの方々はもしかしたら、真反対かもしれませんよね…すごく困ったなぁという感じです(笑)。

他のプロデューサーの方々に関しては、すごい支持されている方々ですよね。ただ、対決という事に関しては、全員「WIN」、誰も負けない方が良いんじゃないですかね(笑)。アイドルたちもみんな勝ちたいと思っていると思うので…。

■ 指原莉乃

お話を頂いたとき、ただ純粋にうれしかったです。秋元さんから伺ったのですが、そうそうたるプロデューサーの方々が並ぶ場面で、秋元さんの口から私の名前が出たことが、ものすごくうれしかったですね。

でも、プロデューサーとして自分が一番新人であり実績もないのは一目瞭然なので、何とか頑張って食らい付いていかなければ…そして、私が担当するユニットのメンバーがガッカリしないように頑張りたいなと思っています。

実は、この「ラストアイドル」という番組は、かわいそう過ぎて見たことがありません。同じ仕事をしている人間としては、胸が痛くて見ていられないんです。きっとグループごとに個性があると思いますが、私は王道のアイドルソングが好きなので、それが合うユニットと組めたらいいなと思います。

とにかく名前を出していただけたことがうれしいので、メンバーやファンの皆さんをガッカリさせないように、何とか頑張っていきたいと思います!

■ つんく♂

プロジェクトの考え方や、あり方はとても面白いって思いました。そんな時代やろうなぁって。で、「いつやるんですか?」って秋元さんに聞いたら、「すぐ」って。「え!?」と。むちゃぶりのドッキリ企画って思ってます。

既にあると言っても駆け出しというか、まだ成熟してない卵から孵化したばかりなイメージなので、その辺はあんまり気にしてません。ただ、本人たちが精神的に出来上がっていると手がつけられないなぁとは思います。本人たちがどれくらいの吸収力や柔軟性を持ってるか。それが一番の伸びしろだなと思います。

楽しみ30、不安70かな。それは単に作品を作ったり、まだ未完成のチームを完成形に近づけていく作業。これは僕ら作り手にとっては最高の場面なんで、それはとても楽しみです。誰になるとか、どんな才能が隠れてるか。その辺の見極めとかね。楽しみですよ。

■ 秋元康

あれだけの戦いを制した『ラストアイドル』7人と、惜しくも敗れた4つのユニットのメンバー…。このダイヤモンドの原石たちを磨く方法はないかと考えたとき、“秋元康的”ではない形で磨いたらどうなるのかという思いが浮かびました。

僕1人ではなく、5人のプロデューサーがそれぞれの信じるやり方で彼女たちを料理して競い合うのが、この第2シーズンです。ラストアイドルをはじめ、5つのユニットをどう売り出すか、それぞれのプロデューサーの責任となります。

料理に和食や中華、イタリアン、フレンチがあるように、いろんな料理法で食材を生かした方がよいのではと思い、プロデュースは全く方向性の違う5人にお願いしました。僕ももちろん全力でプロデュースしますが、それぞれのプロデューサーがどんな形で挑んでくるのか、僕にとっては勝ち負けよりも楽しみたいという気持ちの方が大きいです。

しかし、僕の立場というのは非常に難しいですね…。番組の企画者がレースに参戦するのは変だと思ったのですが、出ないと“逃げている”と言われるし、勝てば“出来レースだ!”と言われかねない。

負けたら負けたで、文句も来るでしょう。つまり自分で企画していながら、自分の首を絞めているわけです。だから、できるだけレースを引っ掻き回す、戦いを面白くする役になりたいと思っています。(ザテレビジョン)