2018年1月7日(日)より、日本テレビ系にてスタートする新日曜ドラマ「トドメの接吻」。同ドラマの新キャストが発表され、謎のミュージシャン・春海一徳役で菅田将暉の出演が決定。さらに、同ドラマの主題歌も菅田が担当することが明らかになった。

山崎賢人が連続ドラマ初主演を務める本作は、ある事件をきっかけに誰のことも愛さなくなったホスト・堂島旺太郎(山崎)が、偶然出会った“キスで殺す女”(門脇麦)によって「時間」と「死」を繰り返すサスペンス。

旺太郎は何度も自分の前に現れる“キス女”と“死のループ”の謎を追いながらも、自らの野望のため、「個人資産100億」というホテル王の娘・並樹美尊(新木優子)を落とそうと奮闘していく。

今回菅田が演じるのは、謎のストリートミュージシャン・春海一徳。旺太郎が暮らすアパートの近くで、終電を逃したサラリーマンやホームレスなどを相手にギターを奏でる風変わりな人物で、偶然出会った旺太郎にさまざまなアドバイスを授けていく役どころだ。

さらに、菅田が新曲「さよならエレジー」で自身初となるドラマの主題歌も担当することに。人気アーティスト・石崎ひゅーいが作詞作曲を手がけた同曲は、一人の男の孤独感、切なさが表現された、ひと肌が恋しくなる季節にぴったりのナンバー。物語とどのように絡んでいくかも注目だ。

なお、「さよならエレジー」は、12月25日(月)深夜放送のラジオ「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にて、フルサイズで初オンエアされる予定。菅田の切ない歌声が印象的なナンバーを、ドラマに先がけて聞いてみよう。

レコーディングを終えて、菅田は「この曲は石崎ひゅーいさんと一緒に相談しながら出来上がった曲なので、思い入れがとても強いです。また、ドラマの主題歌なので『どんなシーンで使われるのだろう』だとか、『(山崎)賢人がどんな表情の時に流れるのだろう』とか想像しながらのレコーディングだったので、あっという間に終わった印象です。

ドラマの主題歌を担当させていただくのは初めてで、お話をいただいた時はおそれ多かったです。ただ、このような機会はそうそうあることではないですし、めったに巡り会えない出来事なので、『面白いものにしてやろう!』という気持ちで臨ませていただきました」と振り返った。

楽曲の特徴については、「ドラマのテーマに沿った曲になったんじゃないかなと思います。歌詞は『まっすぐ伝える言葉』というよりは、ひゅーいさんらしい“どこか切ない言葉”になっています。寂しくなったりだとか、人恋しくなったりだとか、一人になった時に聞きたくなるような、“寒さ”の中で聞きたくなる一曲です」とアピールした。

ドラマでは「35歳の高校生」(2013年、日本テレビ系)以来となる山崎との共演については、「久々の共演になるのでとても楽しみです。以前から『一緒にやりたいね』と話していたし、元々俳優仲間というよりは、友達同士という関係のスタートだったので。

昔とは違った自分たちが、どのように交われば、手を組めば面白いものになるか…。とても待ち遠しいです。(山崎)賢人にはしっかりとドラマを引っ張ってもらって、僕は共演と主題歌で支えることができれば」と、二人でドラマを盛り上げていくことへの期待を口にした。

山崎のみならず、菅田と同世代の人気俳優が多数出演する同ドラマ。同世代との共演については、「それは台本を見たときにびっくりしました。ただ、同世代が集まって作り出す、生まれる作品というのは、僕自身見たかったドラマだなという思いもあります。

『こいつら面白いな』と思ってもらえるチャンスにもなるので、この機会をみんなで盛り上げていきたいですし、(山崎)賢人にはしっかりと先頭を走っていただいて、僕はみんなの一番後ろ、“しんがり”として務めていければなと思っています」と意気込んだ。

最後に、「初めての主題歌ですし、それが昔からの友達である山崎賢人が主演のドラマということで、深い縁を感じています。僕自身にとっても、すごく記憶に残る作品になると思います。精一杯やらせていただきますので、ぜひ楽しみにしていてください!」と、視聴者へのメッセージを語った。(ザテレビジョン)