Sexy Zoneとして活動する一方、俳優としても数々の映画やドラマで主演を務める中島健人が主人公を演じ、ヒロインを平祐奈が務める映画「未成年だけどコドモじゃない」が、12月23日に全国公開を迎えた。

そして本作の公開を記念して、クリスマスイブの24日に、中島、平、知念侑李が3人そろって名古屋ミッドランドスクエアシネマにて舞台あいさつを実施。同舞台あいさつは全国150スクリーン(中継元含む)で中継された。

中島は「メリークリスマスイブ! 朝の舞台あいさつで、まるで1日のデートの待ち合わせのようですね。今日はここ名古屋から皆さんを必ず暖めます」と、相変わらずの王子っぷりであいさつ。

一方、平は「名古屋に来られて、でらうれしいです。名古屋の人は“なごや”かだなと思います(笑)。昨夜はみそ煮込みうどんを食べました! 皆さんに『みせコド』ポーズをしてほしいですし、感想をSNSなどで教えください」と、オヤジギャグを交えて、かわいらしくアピールした。

そして公開初日は当地・名古屋でコンサートを行っていたという知念は「初日舞台あいさつに参加できませんでしたが、やっと皆さんと一緒に公開の喜びを共有できてうれしいです。クリスマスイブなので『みせコド』を見てすてきな夜を過ごしてください」と語り、黄色い歓声を浴びた。

クリスマスイブで、世間はまさにクリスマスムード一色ということもあり、今回は3人の「サンタさんへのお願い」が披露された。

知念の願いは、またいつか2人と共演したいという願いをこめて「また一緒に…」、平は姉・愛梨の居るイタリアへ「みせコド」キャスト全員で行きたいという願いを込めて「Italyに連れていって」。そして、中島は「ねんちー(知念)と一緒に主題歌White Loveを歌いたい」という願いを披露した。

また、22日夜に1時間限定で作品公式Twitterにて募られた「キャストへの願い」では、「中継先の年上大人女子へのクリスマスメッセージ」「クリぼっちのお嬢様・お坊ちゃまに胸キュンセリフ」「受験生への応援エール」「甘い言葉しりとり」などをかなえ、最後には「3人でブルゾンちえみwith B」という願いをかなえることに。

知念「平だけど」、中島「愛梨じゃない」、平「ブルゾン祐奈with B」と見事に完成させ、名古屋の客席内はもちろん、全国の中継先をでら暖めた。(ザテレビジョン)