STU48の船出を飾る記念すべきメジャーデビューシングル「暗闇」のミュージックビデオが、12月25日に解禁された。

デビューシングルのキャッチコピーは「この場所から、私たちは、はじまる」。

ロケ地には愛媛・大三島(おおみしま)、伯方島(はかたじま)が選ばれ、2日間にわたりオールロケを敢行。センターの瀧野由美子をはじめSTU48メンバーが学生に扮した、ドラマ仕立てのイメージカットが登場する。

STU48が舞台とする瀬戸内の風景が切り取られ、温かさが感じられるミュージックビデオとなっている。

同シングルは、瀬戸内7県にちなみ7形態で、1月31日(水)に発売。

■ 瀧野由美子(「暗闇」センター)のコメント

これまでの私たちのMVで撮られていた瀬戸内のきれいな景色はもちろんですが、今回は瀬戸内で育った私たちが悩み苦しんで未来に進んでいく姿が描かれています。

初めてお芝居のシーンにも挑戦しましたが、みんなの笑顔がすごく輝いていて、改めてメンバーのことが大好きだなと思いました。

こんなに早くメジャーデビューさせていただけるのは、ファンの皆さんや周りの方々のおかげだと思います。

まずは、このデビューシングルをたくさんの方に聞いていただけるように、STU48全員で頑張りたいです。

■ 岡田奈々(STU48キャプテン/AKB48 Team4副キャプテン兼任)のコメント

瀬戸内の昔ながらの景色の美しさはもちろんなのですが、登場する地元の方々やメンバーの笑顔がすごく印象的な映像になっています。

STU48のメンバーは、初めてお芝居にも挑戦したのですが、等身大の素の部分と、苦悩や葛藤を抱える表情など、楽しいだけじゃない苦い青春も表現できていると思います。

デビューシングル「暗闇」は、とても希望に溢れた楽曲で、普段の生活で暗い気持ちになることもありますが、その中に必ず光があって、進むべき道があると思うので、誰の心にも共感できる楽曲になっていると思います。

ぜひ、皆さん聞いていただけたらうれしいです。

■ 枝優花(「暗闇」MV)監督のコメント

私自身が過ごした高校時代の記憶を元に作りました。特にこれといったドラマチックなことがあるわけでもなく、毎日放課後に友達と過ごす帰り道や、すれ違いで仲違いになってしまった関係、急に襲ってくる明日への不安に一人で悩む夜。

そして、同時に思い出すのはそこにある地元の匂いや空気だったりします。このPVを通して、もう戻ってこない何の変哲もない、だけどかけがえのなかった時間に思いを馳せていただけたら、と思います。(ザテレビジョン)