2月16日夜1:00(木曜深夜)から、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」の第23回がdTVとFODで同時配信中。

今回は今市隆二ソロ第2弾シングル「Angel」のミュージックビデオのメイキングを見ながらトークを繰り広げる。

■ ソロ第2弾シングル秘話を語る

ソロ第1弾「ONE DAY」に続いての「Angel」について、今市は「『ONE DAY』を撮影して次の日に『Angel』もLAで撮りました」と語り、「この曲はファンクのテイストが入っていて、人が恋したときの素直な気持ちを表現したかったのでタイトルは『Angel』ということで。実は、これ3年前ぐらいから作っていて、初めて作詞作曲した曲」と明かした。

「早く言って。すごく大事な情報! 作詞作曲?」と驚くベッキーに対して、今市は「作詞はノリさんというLL BROTHERSさんと一緒に作ったんですけど、作曲も初めてやって。3年かかったというか、気付いたら3年経ってたという感じです。ここのタイミングで出すという感じではなく、作ってみようかという感じで始めた」と制作秘話も。

曲名の「Angel」に込められた意味を「歌詞を書き始めたときに、テーマが欲しいなと思っていろんなことイメージしたら『Angel』っていいなと思って。白い感じの風景が見えたりだとか、羽根もあるなとか、人が恋したときに『Angel』に見えるかなとか想像しながら作りました」と語る。

また、歌唱についても「ファンクテイストの曲ってやった事なかったので、ファンク寄りの歌い方みたいなあおり方を意識して歌いました。フレーズも昔によく使われたフレーズを取り入れつつ曲を作っていきました。三代目ではやんないでしょうね。なので、ソロの色になるかなというところで作りました」と明かした。

ミュージックビデオのメイキングでは、ベッキーが「衝撃的だった」と語るほどで、ミュージックビデオ内では常にヘッドフォンとサングラスをしている設定だという今市は「今回の監督がかなりぶっ飛んだ世界観を提示してくれて」と解説し、「すごいぶっ飛んだ設定ではあるんですけど、すごく映画みたいな話になっているんで、そこはミュージックビデオを撮ったっていうよりは、映画を1本撮ったなっていう感じです。結構演技とかもしたんで(笑)」」と笑う。その他にも、コンセプトやアイデア出しについても語っている。

監督のフィリップ・R・ロペスは「隆二の素晴らしいところは、どのようにパフォーマンスするかをとても真剣に考えているところだ。そしてそれを、より良いものにしようとしていることが分かるんだ。アーティストとして僕が何よりも大切だと思うのは、最高の作品をつくりたいという気持ちなんだ。そのために事前に準備をして、イメージを描き、話し合う…。本当に作品と真剣に向き合っている証拠だよ。こういうアーティストと一緒に仕事をするのが大好きなんだ」と絶賛。

今市は「誰も想像しないことを監督のフィリップが提示してくれたので。ほんとに挑戦でした。実際自分もイメージはしてるんですけど、実際どうなるかやってみないと分かんなかったので、すごく面白かったですね。銃も撃ったことないんでね」と振り返り、「あれ火薬詰めるのも時間かかるし、何回もできないシーンだったので、自分がミスしたことによってまた時間が取られちゃって、撮影も押せなかったので、かなり集中してやりましたね。結構ハードでしたが、でもその分見応えはばっちりだと思います」と自信を見せた。

監督からのコメントに対しては、「うれしいですね。自分は演技をやったこともなかったので、一生懸命やるしかなかったんですけど、ああいうふうに言ってもらえてすごいうれしかったですし。フィリップが真面目にしゃべってましたけど、本当にぶっ飛んでる人なんで、そこを逆に見てほしかったですね。でもそのフィリップの現場の雰囲気の作り方も上手かったので、そこに乗っからせてもらった感じもありますね」と感謝した。

最後に今市は「『ONE DAY』が正統派だったら、『Angel』はアート的な要素があります」と見どころを語り、「3月に第3弾配信シングルの『Thank you』が配信予定です」と発表した。(ザテレビジョン)