2月23日夜1:00(木曜深夜)から、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」の第24回が、dTVとFODで同時配信中。

最終回となる今回は、番組公開収録の模様を送る。今市ソロプロジェクトの中から2曲の歌唱も披露する。

まず今市の「皆さん、こんばんは! 今夜のLOVE or NOT♪は公開収録でお送りしたいと思います!」というMCで番組がスタート。

一方、ベッキーが「今日は、今市さんが1月から3カ月連続で配信を行っているソロプロジェクトの中から2曲歌って頂けるということです」とあおる。

今市が「ちょっと緊張してますし、初めてパフォーマンスする曲もあるので。しかも今日バンドがいつもと違ってですね、今夜限りのスペシャルバンドなんで、皆さん楽しんでいってください」と語り、今回の音楽監督を務めた佐野健二と、この日のために募集していたバンドメンバーが登場する。

そして1曲目が「ONE DAY」だと発表されると、今市は「ソロプロジェクト第1弾シングルなのでソロデビュー曲と言っても過言ではないですし、自分の好きなR&Bが存分に表現されてる曲です」と解説し、「ONE DAYというのは1日という意味で大切な人と最後の夜、最後の別れの夜、最後の1日を表現したくて」とタイトルに込めた思いを語った。

ファンの前で初披露となった「ONE DAY」を歌った今市は、「楽しかったですね。バンドもすごくすてきじゃないですか。バンド最高ですね」と興奮気味に話し、「リハの1発目からすごいグルーヴも最高だったんで、言うことないって感じです」と大絶賛。

そして、続いて3月に配信される、ブライアン・マックナイトと共作した「Thank you」を歌唱する。

ベッキーが「その『Thank you』は、どなたに届けたいと思った曲ですか?」と聞くと、今市は「これはもう出会った人、自分に関わってくれた人全ての方へなので、キャプテンもベッキーさんもそうだし、今日来てくれた皆さんもです。あとバンドメンバーも。全ての人に伝えたいですね」と語り、「自分がシンガーとしてこれから歌い続けていきたい曲でもありますし、自分自身もこういう思いを忘れちゃいけないという思いで歌っているので、自分のど真ん中の思いが皆さんに届けばなと思っています」と聞きどころを語った。

ソロ曲2曲を歌っての感想を今市が「すごい楽しかったですね。2曲じゃ少ない感じしますよね」と振り返ると、ベッキーから「このソロプロジェクトなんですけど、とりあえず『Thank you』で一旦終了って感じですか?」と質問が飛ぶ。すると今市は「一旦終了です」と答え、「まだ始まったばかりなので、まだまだ経験積まなきゃなと」とさらなる飛躍を誓った。

そして最後に今市が、「いろんなアーティストの方が来てくれて、ここまで音楽の事を語り合える事ってあんまりないじゃないですか。しかもあんな近い距離で。すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」と振り返り、MCという仕事について「いやもうベッキーさんに助けられっぱなしでした。本当にありがとうございます」と感謝した。

今後、第2弾があるとして誰を呼ぶかという話題で番組の最後を締めくくった。(ザテレビジョン)