4月19日(木)よりスタートする波瑠主演ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)に、沢村一樹、工藤阿須加、高田純次、光石研、遠藤憲一が出演することが分かった。

同ドラマは、文字を糸口に未解決事件を解決する「文書解読係」の活躍を描いた麻見和史原作のミステリー。

スマートな役からコミカルな役まで幅広い役をこなす沢村は、今回は久々に“意地悪な腹黒男”を演じる。

沢村が演じる古賀は、警視庁捜査一課「特別捜査対策室」の室長。朋(波瑠)や理沙(鈴木京香)が所属する第6係(文書解読係)を敵視し、部下たちに嫌味の集中砲火を浴びせる意地悪な男だ。

沢村は、「情報解禁スチールの京香さんの眼力がすごくて、『中途半端にやると京香さんに負けてしまう…、頑張らないと!』と思った(笑)」と告白。

さらに、「眼力はもちろん、古賀は叩き上げの刑事なので、クランクインまでに体も鍛え、力強く警察社会を生き抜いてきた男の威圧感をにじませたいです」とコメントを寄せた。

また、「倉庫番」と呼ばれる第6係のメンバーには、遠藤、高田が。「倉庫番のフランケン」こと草加を演じる遠藤は、足を使った我慢強い捜査を厭わない無口で愚直な刑事。一方、高田は温厚でのらりくらりとしながらも、実は切れ者の係長・財津を演じる。

そして、警視庁捜査一課の花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事を光石&工藤が熱演。

ベテランの風格を漂わせながら光石が演じるのは、エース格の刑事・川奈部。工藤は、第6係を見下しながらも朋に淡い恋心を抱いていく岡部守を演じ、先輩俳優陣とは一味違ったエリートぶりを発揮する。

■ 「未解決の女」第1話あらすじ(4月19日[木]放送)

無鉄砲な熱血捜査で負傷し、1カ月の昏睡状態から目覚めた警視庁捜査一課強行班係の刑事・矢代朋(波瑠)は、復帰早々異動を命じられる。

異動先は薄暗い地下にある窓際部署「特命捜査対策室」第6係。未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった!

朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らと共に、新部署で働き始めることに。だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。

その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。

先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・島田泉水のサイン入り自著があったというのだ。実は、泉水は10年前に密室状態の自宅マンションで腹部を刺されて死亡。密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

■ 沢村一樹コメント

波瑠さんとは映画「山形スクリーム」(2009年)以来、約10年ぶりの共演です。前回は残念なことに同じシーンがほとんどなく、現場でちょっとすれ違う程度だったんですよ。

当時はまだ高校生だった波瑠さんですが、今ではすっかり大人の女性、そして素晴らしい女優さんになられて…! 今回はどんな“新しい波瑠さん”を見せていただけるのか、と撮影が楽しみで仕方ありません。

鈴木京香さんとはこれまで何度も共演しましたが、今回のようにキリッとした役を演じる京香さんを見るのは初めてかもしれません。

情報解禁スチールの京香さんの眼力がすごくて、「中途半端にやると京香さんに負けてしまう…、頑張らないと!」と思ったので(笑)、全力でぶつかっていきます!

というのも、僕が演じる古賀は彼女たちを敵視する、ひねくれた男。意地悪な男を演じるのは久々なので、撮影に向けて試行錯誤しています。眼力はもちろん、古賀は叩き上げの刑事なので、クランクインまでに体も鍛え、力強く警察社会を生き抜いてきた男の威圧感をにじませたいですね。

今回は波瑠さんと京香さんという“美しい女刑事バディ”の活躍と併せて、各々の色がまったく違う男性陣のバチバチした掛け合いも楽しみどころのひとつ。

遠藤憲一さん、高田純次さん、光石研さんといった濃いオジサマたちに加え、若さあふれる工藤阿須加くんもいますからね。

決して奇麗にはまとまらない、意外な掛け合いに着地する予感がして、本当に楽しみです!(ザテレビジョン)