日本テレビで4月16日(月)深夜からスタートする「KEYABINGO!4」(毎週月曜夜1:29-1:59)。けやき坂46がグループ初単独で臨む「BINGO」シリーズの最新作で、2期生は初登場を果たす。

放送を前に、ドキドキで迎えた初回収録&会見の様子をたっぷりリポートします!

■ けやき坂46の美しいあいさつを富澤たけしが…

まずスタジオ入りしたけやき坂46の20人は一列に並び、佐々木久美の「私たち、ひらがなけやき坂46です。よろしくお願いします」というあいさつに合わせ、深々と一礼。

MCのサンドウィッチマンとスタッフたちは、その美しい所作に「おお〜」と息を飲む。

そして、すかさず富澤たけしが「私たち、サンドウィッチマンです」とあいさつをまねると、伊達みきおが「こっちは(アイドル風にあいさつしなくて)いいんだよ」とツッコミ。スタジオが笑いに包まれ、一気に和やかムードになる。

■ 本番前からサンドウィッチマンがトークを回す!

本番直前、サンドウィッチマンは、ラーメン好きが高じて番組を持つことになった齊藤京子に「番組やるんでしょ!?」と声を掛けたり、1期生との再会を喜ぶように、そして緊張をほぐすように、雑談を繰り広げる。

1期生だけでなく、2期生にも「よろしくね!」と声を掛けると、2期生たちは再び深々とお辞儀を。サンドウィッチマンの人柄によって、徐々にメンバーの緊張がほどけていく。

■ 初回の企画は伝説の「ムチャぶりドッジボール」

放送1回目の企画はBINGOシリーズで数々の伝説を残してきた「ムチャぶりドッジボール」。罰ゲーム名が書かれたボールでドッジボールを行い、当てられたメンバーは、有無を言わさず罰ゲームを受けなければならない。

その罰ゲームも、アイドルにさせるには酷と言えるほどの体を張ったもの。スタジオには笑いと絶叫がこだまし、涙を流すメンバーも1人や2人どころではなかった。

別番組だが、別スタジオにいた関係者が「あのスタジオでは何が行われていたの?」と記者に聞きに来たほどの大騒ぎで、初回からテンションMAXで収録を終えた。

■ 佐々木久美「私たちらしさが出せました!」

収録後、報道陣の前に現れたけやき坂46とサンドウィッチマン。けやき坂46は例のあいさつを再び披露すると、「すごいでしょ?」と、なぜか伊達がドヤ顔。

佐々木久美は「初めての、ひらがなけやきだけの『BINGO』収録で、2期生も一緒で、20人というのが初めてだったんですけど、すごい初回から楽しくて、早速私たちらしさが出せたんじゃないかなって思っています。これからの収録も、ひらがならしさを全開に出せるように頑張りたいです」と収録に手ごたえを感じている様子。

加藤史帆は「1期生が2期生、もっと仲良くなれるようにいっぱい協力して頑張ります」と意気込むと、伊達から「仲悪いの? 打ち解けてないの?」とツッコミが。

加藤は「いや、悪くないんですけど、まだちょっと気を使う部分とかあるので…。あ、少しだけ壁があるので(笑)、それがまったくなくなるぐらい、全員20人ですごいグループになれるように頑張ります」と誤解がないように答えた。

■ 初回のMVPは2期生の松田好花と濱岸ひより!?

2期生の富田鈴花は「まず、2期生は初めてサンドウィッチマンさんにお会いしたんですけど、すごく優しい方だなって心から思いました」とコメント。サンドウィッチマンの2人は「心から」というワードに反応し、大笑いする。

続けて「1期生の方々がすごいリードをしてくれて、バラエティーに対してのルールとかマナーとかも学べるすごく楽しい番組収録になったので、放送も面白くなっていると思います!」と見どころを語る。

今回の収録で印象に残ったメンバーを聞かれたサンドウィッチマンは、2期生の松田好花と濱岸ひよりを指名。伊達は「オンエアを楽しみにしていただければ」と2人の奮闘を激推し。

その松田は「BINGOシリーズを今までずっと見てきて、実際にやってみたら本当に楽しくて。とにかくみんなでわいわいできたので、これからもっと仲良くなるように頑張りたいと思います」、濱岸も「最初はすごく緊張していて不安だったんですけど、すごく楽しかったです」と振り返った。

■ 伊達みきお「BINGOの収録は毎回が発見」

同じく2期生の渡邉美穂は「私は今後、ドッキリ企画をやってみたいです! リアクション、反応がいいメンバーさんがとても多いので、ドッキリやったら面白い映像が撮れるんじゃないかと」とやりたい企画を明かすと、「制作側の意見だよ、それは(笑)」と伊達からツッコミが。

にぎやかな“けやきメンバー”を前に、伊達は「BINGOの収録は、毎回発見なんですよ。僕らは『この子、こうやったらおもしろそうだな』とか、『自分でそこまでいく子なんだ』とかね。1期生は、みんな緊張感が解けているというか、自然とニコニコしている。1期生がいるから僕らは非常にやりやすいですね」と絶賛。「何かやらかしてくれそうな彼女(濱岸)は放っておいてもいいかな、と思いました」ときちんとオチもつけてメンバーを笑わせた。

■ メンバーを呼び捨てに!?

また、収録冒頭には佐々木久美からサンドウィッチマンへ「仲良くなるために、メンバーを呼び捨てにしてほしい!」とお願いが。

そのことに触れ、伊達は「なかなかね、呼び捨てってできないもんですけれども、久美ちゃんとか、前回から言って来ているので…。名字で呼び捨てしてあげた方が彼女たちがやりやすいんでしょうけど、なんかもうクセついちゃっているんでね。我々、女性を呼び捨てにするような人間じゃないんでね(笑)」とリクエストに応えたい気持ちと、年下の女性を扱う上で戸惑う部分が混在しているようで、サンドウィッチマンの紳士的な一面が垣間見える。

すると富澤が「逆にね、僕らが呼び捨てされたら、こっちもみんなを呼び捨てしやすいと思います」とおどけ、メンバーはこの日一番の爆笑を。伊達が「そうですね、僕らを伊達と富澤って言ってもらった方が楽ですね」と乗っかり、会見を締めくくった。

■ けやき坂46×サンドの化学反応は間違いない!

兄貴であり父親的存在のサンドウィッチマンがどっしりと構えていることで、けやき坂46のメンバーが自由に個性を爆発することができる今回の「KEYABINGO!4」。

別室モニターで見ていた記者たちはこの収録を腹を抱えて笑いながら見届けた。初回から“神回”の予感がする、今シリーズもぜひチェックしてほしい。(ザテレビジョン)