新年度スタートのこの時期、会社の体制や組織の再編、人事異動などで、職場が大きく変わったという人も多いのでは? そんな春にピッタリの“職場の改革者”を主人公にしたドラマが今期、2本スタートする。菜々緒が冷酷な人事コンサルタント、岩田剛典がホテルを改革する客を演じる2作品を紹介!

■ “悪魔”な菜々緒が会社の闇を暴く!

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(4月14日スタート、毎週土曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09日本テレビ系)は、海外で成功した冷酷非情なフリー人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)が、問題を抱える老舗保険会社・共亜火災保険を型破りかつ大胆な方法で改革していくオフィスエンターテインメント。眞子に振り回される新入社員・博史をSexyZone・佐藤勝利が演じる。

14日放送の第1話、共亜火災保険の新入社員・博史は、眞子が担当する2週間の新人研修を受ける。だが眞子から最初に課せられた課題は、退職願を書くことだった。さらに、眞子は50人の新入社員を10人に絞ると宣言。研修のあまりの過酷さに疲弊していく新入社員の中でいじめが始まり、博史も標的になってしまう。

“悪魔”と恐れられる眞子を演じる菜々緒は、研ぎ澄まされた美貌を持つクールビューティ。今回の冷酷非情なコンサルタント役は新たなハマり役となりそうだ。番組プロデューサー・森雅弘氏によると「眞子は非情なリストラなど“悪魔”にしかできない手段を繰り広げます」とのこと。ポスター撮影ではなんと“鎌”を持って撮影に臨んだという菜々緒演じる眞子の切れ味鋭い改革に期待だ。

■ 謎の客がホテルを“崖っぷち”から救う!

訪問客がホテルを改革する、という一風変わった展開を見せるのが「崖っぷちホテル!」(4月15日スタート、毎週日曜夜10:30-11:25 日本テレビ系)。“クセ者”ぞろいのクラシカルなホテルにラフな格好の謎の訪問客・宇海直哉(岩田剛典)が現れ、鋭い洞察力を発揮。次々と無理難題を仕掛け、かつては栄華を誇ったが今では総額3億円の負債を抱える老舗ホテルを立て直す。

宇海はチェックインするなり部屋のあちこちをチェック。突然靴磨きを始めるなど謎の行動を見せ、面倒な注文を連発。そして、不思議なことに本質を次々と見抜いていく。やがて、ズケズケと話す宇海の発言がホテルや従業員を変えていくことになる。

4月15日放送の第1話で描かれるのは、老舗ホテル「グランデ・インヴルサ」スタッフの面々と宇海との“出会い”。同ホテルの総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)は、副支配人の時貞(渡辺いっけい)から、突如現れた客・宇海を品位が欠けるため、追い出すように言われる。しかし、宇海から宿泊したいと一方的にまくしたてられた佐那は宿泊を了承、宇海の破天荒な注文をすべて受けることに。

真面目だが、年齢が若いこともあって従業員の信頼は得られず雑用も押し付けられてしまう総支配人・佐那。宇海に触発され変わっていく彼女の成長ぶりにも注目したい。

新年度のモヤモヤをスカッと吹き飛ばす“痛快改革ドラマ”に注目だ。(ザテレビジョン)