新年度がスタートし約1カ月!大きく環境が変わり、楽しさと同時に不安や戸惑いを感じている人もいるのでは?

ザテレビジョンでは今活躍中のタレント達に、人生の転機を迎えることの多い年齢“18歳だったころ”を語ってもらう特別企画を実施!!10回にわたって配信していく。

そこから見えてくるのは、スターたちも“悲喜こもごも”な青春時代を送ってきたという事実。この記事を読んで、ぜひ明日からの頑張りに繋げてほしい!今回は福士蒼汰、東出昌大、志尊淳、池上彰、爆笑問題、小島よしお、狩野英孝の7組!!

■ 福士蒼汰 「仮面ライダー」が基礎を作ってくれた

18歳のときは仮面ライダーでした。「仮面ライダーフォーゼ」(2011〜2012年テレビ朝日系)で「宇宙キター!」ってポーズを決めていました。

この仕事を始めたばかりで、とにかくがむしゃらにやることしかできず、でも、今そのくらいの世代の方を見ると、がむしゃらさがすてきだなと思えるので、自分もそう見えていたのかもしれません。

1年間みっちりお芝居をし、アクションもCG撮影もアフレコも経験。それが今でも役立っています。

ふくし・そうた=1993年5月30日生まれ、東京都出身。O型。5/4(金)公開の映画「ラプラスの魔女」で甘粕謙人を演じる。

■ 東出昌大 将来は警察官になると思っていた

大学1年生のころは、将来は警察官になるのかなと漠然と思っていました。

モデルの仕事はやらせてもらっていましたが、自分にとって、一生の仕事ではないと思っていたので。

パリコレに出演したのもこのころで、フランス語も話せないのに、一人で初めて海外に行きました。コレクションの後、延泊して美術館とかを巡り、週末だと無料で入れる美術館に、普通に”モナ・リザ”があったりして、いろんな名作を見て衝撃を受けました。

ひがしで・まさひろ=1988年2月1日生まれ、埼玉県出身。A型。

■ 志尊淳 同世代の俳優たちと切磋琢磨してました

「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014〜2015年テレビ朝日系)の主演に決まって、“責任を持って1年間、ヒーローを全うする”と決意したころですね。

確か、18歳の年の暮れから撮影に入ったんだと思います。

それまでは舞台作品に出演していたので、18歳から19歳にかけては、同じメンバーで長い期間お芝居をすることが多かったように思います。

同世代の俳優たちと切磋琢磨しながら、一つ一つの役にじっくりと取り組んでいました。

しそん・じゅん=1995年3月5日生まれ、東京都出身。連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)に出演。

■ 池上彰 ラジオの深夜放送に夢中になっていた

大学受験のとき、第一志望の東京教育大学の入試が、筑波移転を巡る紛争により中止になって、大混乱の年でした。

大学では、日本の貧富の格差問題を学ぶため経済学の勉強をしていました。

勉強以外だとラジオの深夜放送にハマりましたね。「オールナイトニッポン」などに夢中で、勉強が手につかなかったことも少なからずありました(笑)。

18歳は、僕もいろんな悩みがありましたが、失敗もいい思い出になると乗り切ってほしいです。

いけがみ・あきら=1950年8月9日生まれ、長野県出身。A型。放送中の「―池上彰の現代史を歩くー」(テレビ東京系)で案内人を務める。

■ 爆笑問題 「ひょうきん族」や「ザ・ベストテン」テレビに夢中になったころでした

田中「僕は、高校3年生か浪人時代ですよね。太田と出会ったのは、(大学に入って)19歳になった4月でした」太田「そうだっけ?」田中「間違いなくそうなんだよ!」

太田「俺の18歳は高校3年生かな?」田中「おまえの18歳は、高校3年生から大学1年生だろ。4月に大学に入って俺と出会い、5月に19歳になっているんだよ」

太田「まぁ、俺は高校時代、ほとんど友達がいなかったから一人で過ごしていましたね。だから『オレたちひょうきん族』(1981〜1989年フジテレビ系)とか、テレビはよく見てました」

田中「僕も当時は受験生だったけど、遊んでばかりいました。テレビっ子だったので『ひょうきん族』はもちろんのこと、『ザ・ベストテン』(1978〜1989年)や『ふぞろいの林檎たち』(1983年ほか共にTBS系)とかを見ていました。『週刊ザテレビジョン』は、確か創刊号を買っていたと思いますよ。表紙は薬師丸ひろ子さんでしたよね?」

太田「テレビに夢中になっていたころでした」

おおた・ひかり=1965年5月13日生まれ、埼玉県出身。O型。爆笑問題としてMCを務める「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」が放送中。

たなか・ゆうじ=1965年1月10日生まれ、東京都出身。B型。「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」(テレビ朝日系)で相方・太田光と共にMCを務める。

■ 小島よしお 芸能界に憧れながら猛勉強していました!

もともと、芸能界に興味があってタレント養成学校のオーディションを受けていたんです。

でも、所属するにも登録料などの費用がかかると知って。親に相談したら、「ふざけんな!とりあえず受験しなさい!」と言われました。

それからは、めちゃめちゃ勉強しましたね。結果、大学に入って所属したお笑いサークルがきっかけで事務所にスカウトしてもらったので、やっぱり親の言うことは聞いておくべきだなと思いましたね(笑)。

こじま・よしお=1980年11月16日生まれ、沖縄県出身。四国八十八箇所のお遍路をロードバイクで行う「小島よしお&狩野英孝のチャリお遍路」(BS12 トゥエルビ)が放送中。

■ 狩野英孝 音楽や役者の世界に夢を見ていました

宮城から上京することが決まって、希望に満ちあふれていたころですね。

そのときはお笑いをやるなんて1ミリも思っていなくて、音楽や役者の世界に夢を見ていたんです。

とにかく輝く未来しか考えていなかったですね。まさか自分が芸人になって、(番組で)四国でお遍路をやるなんて(笑)。

まぁ、当時も将来への不安がなかったわけじゃないですが、そのころの自分に何か伝えるとしたら…「想像以上の困難があるから、頑張れよ」ですね(笑)。

かの・えいこう=1982年2月22日生まれ、宮城県出身。A型。「小島よしお&狩野英孝のチャリお遍路」(BS12 トゥエルビ)が放送中。

(※「週刊ザテレビジョン」創刊1800号記念特別企画「スターたちの『18歳だったころ』」より抜粋)(ザテレビジョン・取材・文=小田慶子(福士蒼汰)、小池貴之(爆笑問題))