4月24日に放送された「チャンスの時間」(AbemaSPECIAL)で、元℃-ute・岡井千聖が先輩・中澤裕子への“畏怖の念”を語る場面があった。

岡井が見守る中、最初に行われた「こんなところで!?アイドルズボン早脱がし対決」では、グラビアアイドルたちが集結し、準備されたマネキンのズボンを、誰が1番早く下ろすことができるかを競った。

対決に名乗りを挙げたグラビアアイドルは、“グラドル自画撮り部”の部長・倉持由香、水着で登場したIカップアイドル・青山ひかる、“500人斬り”の鎌沢朋佳の3人。

最初にチャレンジした倉持は「Abemaの対決では負けられない」と意気込みを語りスタートする。

順調にズボンを脱がしていく倉持は、公式審査員の村西とおるからの当初ルールにはなかった“ムチャぶり”も見事にこなし、1分27秒でゴール。

次にチャレンジした青山は「まだ経験がないから、脱がせたことがない」と答えつつ、持ち前のガッツを見せて1分2秒という好タイムをたたき出す。そして1位予想だった鎌沢は1分18秒という結果となり、青山が優勝した。

そして「エンドレスチャレンジ!先輩テレフォンぶつ切りアタック」では、千鳥の2人が直接対決。

ノブと大悟が先輩芸人へ順番に“電話をかけては切って”を繰り返し、制限時間3分間のうちに何回電話を切ることができるかを競うというルールの下、最初に挑戦したノブは「優しい方いきます」と語り、野性爆弾・ロッシーをセレクト。

この決断に、大悟と岡井が「絶対怒らないじゃん! 優しそうだもん」と不満を口にし、ノブも「たぶん切れたら、かけてくれる」と語る中、早速電話をかける。

大方の予想通り、ノブが何度電話を切ってもかけ直してくれるロッシーに、スタジオからは「優しい」という声が飛び交った。

次にチャレンジした大悟は「これは見ている人が“ピリつきたい”んでしょ? ほんなら、いまだに後輩をぶん殴ってくる品川さん」と語り、品川庄司・品川祐を選んで電話をかける。

スタジオの空気が一気にピリっとする中、品川の機嫌を伺いつつ何度も電話を切った大悟がノブの記録を超え、勝利を勝ち取った。

ハラハラした対決を終えたノブが「岡井ちゃんもやってよ!」と伝えると、岡井は「私は中澤裕子さんだったり、藤本美貴さんだったりに、絶対こんなことできない! 絶対無理!」と回答。

続けて、先輩の中澤に対し「やっぱり怖いですよ、小学生の時からガチで怒られてましたから」と当時のエピソードも明かした。

次回5月1日(火)は「アイドルのために命を賭けろ! アイドルオタク真剣勝負!」や「罰ゲーム回避 入札対決」などをオンエア。(ザテレビジョン)