古沢良太が脚本を務める“月9”ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。5月14日(月)放送の第6話のゲストには、「西遊記」(2006年、フジテレビ系)以来の月9ドラマ出演となる内村光良が登場する。

主演を務める長澤まさみと東出昌大、小日向文世がそれぞれ信用詐欺師を演じ、毎回さまざまな業界の悪徳大富豪をターゲットに、壮大な詐欺計画を実行していく本作。

第6話は「古代遺跡編」と題し、内村がうその町おこしプロジェクトで土地を安値で買い上げる悪徳コンサルタント・斑井(まだらい)を演じる。今回の見どころをプロデューサーの草ヶ谷大輔氏に聞いた。

「ハートウォーミングな回です。すごく悪いやつに見えた男・斑井が、最後は哀れでかわいそうにさえ見えると思います。内村さんだからこそにじみ出る切なさやむなしさがあって、心にぐっとくるはずです」。

そんな人間味のあるキャラクターを演じる内村は、撮影現場での取り組み方に彼の人柄が表れていたという。

「1月に千葉・君津の現場で撮影をしましたが、とても寒かったんですよ。もちろん暖を取れるようにご用意していたのですが、内村さんは現場から離れず、ベンチコートも着ないでずっと現場で待機されていました。それでいて『寒い』などとは一言も言わない。

現場で働いているスタッフやエキストラさんに気を使われていらっしゃったんです。監督もやってらっしゃる方だからこそだと思いますが、僕は内村さんの現場に対する姿勢を拝見して、ただただ感動を覚えました」。

■ 今回の長澤まさみは考古学マニア!?

さまざまなキャラクターに扮装する長澤にも注目が集まっている本作で、長澤演じるダー子は今回、“考古学マニア”の常滑富子(とこなめ・とみこ)に扮する。“縄文人”を思わせる個性的なファッションは、同作屈指の強烈なキャラクターに仕上がっているとのこと。

「台本上には、“縄文人のような格好をしたダー子”としか書いてありませんでしたが、長澤さんと監督さん、衣装さん、メイクさんで打ち合わせをしました。その結果、ボサボサの髪型にして、土偶をネックレスのようにつけたんです。

人間離れしたキャラクターで、(これまでで)最も異色な扮装かもしれないですね(笑)。でも、長澤さんが演じると、『もしかしたらいるのかもしれない』と思えるキャラクターになるんですよ!」と明かした。(ザテレビジョン)