女優・森七菜が5月12日(土)放送のドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(毎週土曜夜8:15-8:43、NHK総合)、5月13(日)放送の女児向け特撮テレビシリーズ「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」(毎週日曜朝9:00-9:30、テレビ東京系、毎週火曜昼5:00-5:29、BSジャパン)に出演する。

「やけに弁の立つ弁護士―」では、主人公・田口章太郎(神木隆之介)がスクールロイヤーとして勤務する中学校の生徒・山下未希役として、第4話から5月26日(土)放送の最終話まで登場。一方、「―マジマジョピュアーズ!」では主人公3人が通う中学校の先輩・永田マチコを演じる。

インタビューその(3)では、大分と東京を往復する生活を送る森が、自身のプライベートについて明かしてくれた。

【森七菜、「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」で初めての“元気な女の子”を演じる! より続く】

――森さんが女優になろうと思ったキッカケは、何だったんですか?

明確なキッカケっていうのはなくて、気付いたら女優さんというか「お芝居をする人になりたいな」って思うようになってました。お家はいつもテレビがついてて、お母さんがドラマを見ていて。そういう事あってか、「お芝居したいな」って自然に思ってました。

――女優として初めてドラマに出ると決まった時は、どう思われましたか?

最初がwebムービーだったんですけど、あまり実感が湧かなくて。まだ、そういう現場に行ったこともないし、トントン拍子で進んじゃったので、全然実感が湧かなかったですね。でも、こうやって作品を重ねていくうちに、選んでくださることの嬉しさとか、頑張らなきゃなっていうが日に日に増していってますね。最初の方が、ポカーンってしてたかもしれないです。

――その後、色んな作品出られてきましたが、演じることは楽しいですか?

楽しくない事もあります(笑)。楽しいのは、「やけ弁」で言うと、役柄もあって撮影期間中は苦しかったんです。でも、終わって「楽しかったな」って思います。撮撮影期間中は気持ち的にもしんどくて、クランクアップで嬉しい言葉やお花を頂いたりした時に、振り返ってみて楽しかったなって思います。

――今度、やってみたい役とかありますか?

よく聞かれるんですけど、実はないんですよ(笑)。今まで予想だにしていない役を次々と演じているので、それはそれで楽しいなっていうのもあって。次はどんな役がやりたいっていうのは、普段あまり考えないですね。

――予想だにしない役の中で、印象的な役ってありますか?

マチコちゃんです。最初に自分が台本を読んだ時と、監督が求めていたものが大分差があったので。

――高校生として中学生を演じるのは、まだやりやすいですか?

そうですね、1年数カ月前まで実際に中学生だったので。気持ち的にも、あんまり変わらないなって思っていて、今の自分のままでも結構中学生の頃のままだから「大丈夫じゃないかな?」って思いながら、中学生役は気軽にやってます。

――今、普段は大分にいらっしゃるということですが、大分はどんな所ですか?

東京にいると、歩いたらレンタルDVD屋さんがあるし、コンビニがあるし、「東京、いいわー!」って思うんですけど、大分に帰ると近くに友達や家族がいて、自分の家があって、空が広くて「大分、いいな!」って思いますね。季節の変わり目に匂いがするんですよ。「あっ、夏の匂いがする!」とか。

――私の地元なんかはそうなのですが、人が少なくて駅が歩きやすいとかは?

駅まで行かないんですよ。家から大分駅まで1時間くらいあって、めったに行かないので、それ以前の話ですね(笑)。駅に行くのは、東京に出てくる時くらいでかね。駅に行くにも、バスもそんなに本数がないので事前に調べたり。綿密に計画を立てないとダメですね(笑)。

――東京にいて、大分が恋しくなる事ってありますか?

あります! 例えば、お母さんと電話した時とか、この前は友達が学校終わりにテレビ電話を掛けてきてくれて、「大分戻りたいな!」ってその時は思いました。友達が「頑張って!」とか「待っとるけん」って言ってくれたりして、帰りたくなりましたね。

――そういう時ってどうしてますか? 我慢するしかないとは思いますが。

そうですね、我慢と東京を楽しむっていう。「東京もいいんだぞ!」って、自分の中で思って。

――東京は、どんな部分がいいと思いますか?

便利! レンタルDVD屋さんや映画館もいっぱいあるし、映画の本数も多いし、便利っていうところですね。あとは、東京でお友達ができたらいいなって思います。あんまり、お友達ができないんですよね。人見知りなんですかね…。

お話ししにいっても、あんまり広がらないことが多かったりとか。お話しが得意じゃないのかなって、最近思い始めて。苦手意識が出ると、どんどん苦手になっちゃうじゃないですか。だから、最近諦め始めてます(笑)。

――大丈夫ですよ、中にはガンガン来てくれる人もいますから。

いや、そうしたら引いちゃうかも(笑)。1人映画にも慣れ始めてきちゃったし、平気で1人でラーメンとかご飯食べに行っちゃうから、もう1人でもいいかって思ってます。

――じゃあ、次は1人ディズニーとか?

ディズニー、行ったことないんですよ。だから、最初くらいは誰かと行きたいなって(笑)。デビューが1人っていうのが、経歴としてマズイなって(笑)。ディズニーがどうやって楽しむものなのかも分かってないので、1人で楽しむのに慣れちゃったら、ずっと1人で行っちゃいそうで、ちょっと怖いです(笑)。

――東京は楽しめてますか?

映画を見ることが多いです。休日はお家にいるか、映画館に行くかしかしてないくらいです。映画は東京でしか見られない作品もあるので、それはすごく楽しめてると思います。逆に、観光とかはあまりしてないですね。

――高校2年生になって1カ月少々経ちましたが、今年度の目標ってありますか?

「東京に通ってるとは感じさせない成績を取る!」っていうのが、学生としての1番の目標です。お仕事では、高校3年生になったらできなくなっちゃう役も、もしかしたらあるかもしれないので、今できる役をいっぱいできたらなと思います。

高校2年生のうちに直しておきたい事もたくさんあって、滑舌とか。勉強したい事もたくさんあるので、今年いっぱいやれたらなって思います。

――では、最後にドラマを見る方にメッセージをお願いします。

見る予定がなかったり、私のことを知らない方で、もし見てくれる人がいたら、どっちも見ていただいて、役のギャップとかを感じていただけたら。物語も、どっちもすごく面白い作品なので、ストーリーを楽しんでいただきたいですね。

「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」は新しい朝の始まりに元気になれるような作品なので、これを見て「今日も頑張るぞ!」って思っていただけたらと思います。「やけ弁」は、「こういう解決の仕方もあるんだ!」とか、もしそういう事で悩んでいる人がいたら助けになれるような作品になっているかなって思います。(ザテレビジョン)