6月3日(日)放送の「ビートたけしのスポーツ大将3時間SP」(夜7:58、テレビ朝日系)で行われる「野球対決」では、番組初となる“中学生バッター”と“元プロ野球投手”の対決が行われる。

2017年11月のレギュラー復活以降、これまで野球対決には松田宣浩、西川遥輝、古田敦也、里崎智也など、現役・OB問わずさまざまな名プロ野球選手たちが登場。しかし、いずれもバッターであり、ピッチャーの参戦はなかった。

今回は、“魂のエース”“ワールドシリーズ制覇”など、日本球界やメジャーリーグで活躍したレジェンド投手たちが参戦。中学生スラッガーに真っ向勝負を挑む。

対する中学生は、関西・東海地区から選抜された中学生スラッガー、関東地区からの中学生スラッガー、軟式野球から選抜の中学生スラッガーが各3人ずつでクリーンアップを結成。3人のレジェンド投手と対決、ピッチャーに3アウトを取られるまでに中学生クリーンアップが何点取れるか、というルールで対決する。

関西・東海選抜クリーンアップには、オリックス・ブルーウェーブ、セントルイス・カージナルスなど日米で活躍、ワールドシリーズ優勝にも貢献した田口壮の息子・田口寛君(中3)も参戦。父同様のシュアなバッティングに期待大だ。

■ スタジオでは長嶋一茂が現役時代の“懲罰もの”エピソード披露

スタジオ解説にはヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツで活躍した長嶋一茂と、千葉ロッテマリーンズやメジャーリーグでプレーした小宮山悟が登場する。

ビートたけしは一茂に「ヤクルトに入ったときは長嶋(茂雄)二世と期待していたけど、ベンチでは試合が終わった後のことしか考えていなかったんだって? 試合中なのに終わったらどこでご飯を食べて酒を飲もうかって…」と聞くと、一茂はそれを上回る驚きのエピソードを激白。

「他の人はあまりやったことがないと思いますけど。試合が終わる前にシャワーを浴びたことがあります」とまさかの告白をする。

これに驚いた小宮山が「シャワーを浴びているときに(監督に)『一茂、行くぞ!』と言われたらどうするの?」と信じられない様子で聞くと、一茂は「いや、今日はもう絶対に出番はないと思ったから」と平然と回答。

「9回が終わったらすぐに帰りたかったんですよ。だから、7回の裏にベンチの裏のシャワー室でシャワーを浴びて、またユニフォームに着替えて8回裏からベンチに入っていました」と応え、これにはさすがのたけしも大笑い。小宮山も「すごい、この勇気は賞賛されるべきですよ」と、もはや驚きや批判を通り越してスタジオ中が驚きと笑いに包まれる。

■ カー娘・LS北見が全員集合!

その他、平昌オリンピックで銅メダルを獲得し、日本中にカーリング旋風を巻き起こしたロコ・ソラーレ(LS北見)が番組に初参戦。中学生最強チームと熱戦を繰り広げる。さらに、元日本代表レジェンドがユース最強チーム・サガン鳥栖 U-15とPK勝負を行う「サッカー対決」や、ニューイヤー駅伝の常連チームからランナーが参戦する「陸上長距離対決」も放送される。(ザテレビジョン)