映画「億男」の初日舞台挨拶が19日、東京・日比谷で行われ、佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也、大友啓史監督が登壇した。

借金を抱え、家族ともバラバラのどん底生活を送る一男(佐藤)が、宝くじで3億円を当てるも、親友の九十九(高橋)に持ち逃げされてしまい、九十九を探す中でお金とは何かに気付いていく物語。

撮影中に印象に残っていることの話では、佐藤が今年の元旦からモロッコで撮影だったという話を。「1月1日の朝に空港で一生さんとほぼほぼ初めましての状態で会いました」と告白し、高橋も「ちゃんと話したの、モロッコに着いてからですよね」とコメント。2人が仲良くなったのは最近で、ようやく連絡先を交換したそうで、佐藤が「一生さんは他人に興味がない人なのかなと思っていたので、観察していました」と語ると、高橋は「健くんはずっと怒ってるのかな〜と(笑)」と掛け合いも。役では親友同士の設定だったので、「芝居力のある一生さんでよかった」と佐藤が高橋を絶賛する場面も。

イベントでは、「佐藤健と高橋一生は何男?」という質問を出演者がフリップで発表する企画が。佐藤については、高橋、黒木、北村が「色男」と回答。黒木は「ふとしたときに目を細められたりして、おぉ〜ってなる」と答え、北村も「皆さん分かると思いますが、(佐藤は)かっこいいんだけど、裏に行くともっとかっこいい。物静かだったりするんだけど、ちらっと見られたらドキッとする」と告白。そんな中、藤原は一人だけ毛色の違う「ワインこぼされ男」と回答し「打ち上げで(スタッフに)ワインこぼされてたな〜と(笑)」と笑いを誘っていた。

一方、高橋に対しては「不思議男」(黒木)、「チャリ男」(北村)、「笑顔がとっても素敵男」(沢尻)、「優男」(池田)などと回答。佐藤は「商売上手男」と回答し、理由について、高橋と自転車の話をしていたら、なぜか自分がその自転車を買っていたと告白。さらに、今日の舞台挨拶前も、佐藤がトイレで歯をみがいていたら、高橋がやって来て、3万円ほどもする高級な電動歯ブラシで歯をみがきだしたという。佐藤が「アプリとも連動しているすごいやつで、多分、僕はその電動歯ブラシ買うんですよ(笑)」と語ると、高橋は「健くんに見せたくて、サイトでポチっとしたんです!」と裏話を明かした。(ザテレビジョン)