岡田将生主演のドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)第3回「迷路」が10月26日に放送され、菊比古(のちの八代目有楽亭八雲、岡田)と“助六”と名を改めた初太郎(山崎育三郎)の二つ目時代が描かれた。1枚の羽織を相合傘のように被り雪をしのいだり、酔っぱらった助六を菊比古が膝枕したり…肌と肌が触れ合う菊比古と助六の蜜月ぶりに、視聴者から歓喜の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 二ツ目昇進も貧乏暮らし…

「昭和元禄落語心中」は、雲田はるこの同名漫画を原作としたヒューマンミステリー。昭和の落語界を舞台に、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田)を始め、芸の世界に身を投じた人々の生きざまを描く。

第3回の舞台は、昭和25年の東京。二ツ目に昇進し、師匠の家を出た2人の日々が描かれた。真面目な菊比古は銀座の洋食屋で働いて生活費を稼ぎながら落語を続け、助六は菊比古の家に居候し、食べ物をねだっては落語ざんまい。

「二ツ目に上がりたてで遊ばねえで、いつ遊ぶってぇの?芸の肥やしってやつだぁね」と悪びれない助六。だがその落語はすでに大人気で、菊比古は袖から助六の落語に「うまいな…」「すごい。迷ったらすぐダメになる話だ。初太郎に迷いはまったくなかった」とベタ惚め。菊比古の目には、憧れと嫉妬の光が宿る。

落語に夢中の助六と、助六ばかり見つめる菊比古。第3回では、そんな2人の間柄を示す蜜月シーンがいくつも登場した。

雪の舞い落ちる夜道、助六は菊比古の羽織を半分被り、落語「夢金」の雪景色の語りを始めた。つられて菊比古も落語「鰍沢」の雪景色をブツブツ…。この場面は、若い2人が「腹、減ったなぁ…」「ああ、腹減った…」と、貧乏暮らしも空腹感もなかよく半分こする名シーンとなった。

■ 菊比古×助六のイチャイチャシーンにファン歓喜

若手噺家たちで“鹿芝居”を打てば、見事に弁天小僧を演じきった菊比古に助六が「大成功だ!お前はすげえよ!」とハグ!

さらに、打ち上げで酔っ払って帰宅後、助六は菊比古の膝にゴロンと“膝枕”まで…。助六は「今日の客の顔、よかったなぁ。坊のお陰だ、まるで満州で見た、兵隊さんの顔だったよ」と満州での苦い記憶を口にし、「俺は決めたんだ。おれぁ、人のために落語をやるんだ」と夢を語るのだった。

次々と登場する菊比古と助六の蜜月シーンに、視聴者からは喜びの声が殺到!

SNSは、「助六、ヒモかww」「雪の中で一つの羽織を分け合う2人の雰囲気が最高」「菊比古と助六の膝枕!!!ありがとうございます」「菊比古は助六に片思い。この切なさがいい」「初太郎が菊比古を“坊”って呼ぶの好きだなぁ」「2人のシーンの色気がたまらない!!」といった声でにぎわっている。

「この頃のあたしは、何事も“初太郎”という物差しを通してでしか見られなくなっておりました」――そんな、助六(初太郎)とその落語への菊比古の思いが狂おしいまでに描かれた第3回。

11月2日(金)放送第4回のサブタイトルは「破門」。

その頃には、菊比古と助六は若手落語家として並び立つ存在に。どちらが先に昇進して「真打」になるのか。菊比古は先輩落語家・彦兵衛(柳家喬太郎)から「死神」を伝授され、真打ち昇進に挑むが、師匠たちから「真打になる前に、みよ吉(大政絢)とは別れろ」と言われ・・・。落語監修も務める人気落語家・柳家喬太郎が本編に登場することにも期待が高まる。(ザテレビジョン)