12月14日(金)より公開の「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」。映画シリーズ5周年の記念作品となる本作の9種の特別映像とTikTokの情報が公開された。

「シリーズ史上、最も泣ける衝撃の妖怪ウォッチ」と銘打たれた本作は、 古き良き懐かしい時代・1960年代を舞台に、新たな主人公・下町シンと高城イツキ、有星タエの3人の少年少女が、家族の魂を救うために妖怪たちと共に未知なる冒険へと向かう。

すでに発表されたゲスト声優の小栗旬とブルゾンちえみ、主題歌を担当する東方神起については早くもSNSで大きな話題を呼んでいる。

そして新たに公開された特別映像は15秒のTVCM映像3種類と、WEBで流れる6種類の6秒のもの。

TVCM映像はそれぞれ、名作の誕生を予感させる「名作誕生編」、小栗&ブルゾンちえみ&東方神起が一堂に会する超レア予告「ゲスト編」、エンマ大王誕生の秘密が少しだけ垣間見える「エンマ大王編」の3種類で、それぞれ劇中映像をふんだんに盛り込んだ豪華な映像になっている。

■ WEB特別映像6種類では猫妖怪たちが大暴れ!

猫又とジバニャンが小栗のあの代表作をパロディし、 東方神起のライブにおけるコールの一種「WE ARE T(東方神起のT)」を猫又とジバニャンがやったら?

他にも東方神起の曲やブルゾンちえみのあのネタも。

さらに猫妖怪・猫又とジバニャンも「かわいい女の子たちには負けニャいニャン!」と息巻き、TikTokの公式アカウントを立ち上げた。

妖怪として初(?)の「TikToker」として 特別企画「だれでもM1チャレンジ」をはじめ、人気のハッシュタグチャレンジである「誰でもダンス」「あごのせ」「ウマーベラス」をアップし、「可愛すぎる…」と悶絶する視聴者が続出している。

この後も順次動画をアップしていく予定だ。(ザテレビジョン)