2月3日(日)放送の「モヤモヤさまぁ〜ず2」(夜6:30-7:54ほか、テレビ東京系ほか)は、2007年1月3日の同番組初放送の時にも訪れた北池袋周辺へ。気功の使い手・八山元先生と出会い、三村マサカズが膝の治療をしてもらう。

一行は、過去に取材したことがある中華料理店の主人に会い、その店で12年の時を経て初めて食事をさせてもらう。さまぁ〜ずの二人は「こんなおいしい料理があったんだ」と舌鼓を打つ。

また、黒毛和牛ハンバーグが有名で取材殺到の洋食店でも食事をすることに。大竹一樹は「名店だ!」と絶賛するが、“褒め”が甘かった福田典子アナウンサーの食レポには、三村マサカズが「もっと褒めろよ(笑)」とツッコミ。

そんな中、とあるビルの前で稽古中の芸人に出会う。バイきんぐやアキラ100%、ハリウッドザコシショウらが所属するソニー・ミュージックアーティスツの芸人たちで、彼らのネタライブを見学させてもらうことに。「(ネタが)良かったら放送されるから、多少売れるよ」という三村の言葉に、より一層張り切る芸人たちだったが、果たしてベテラン・さまぁ〜ずの反応は?

■ 神の手を持つ気功師とは

さらに散策を続けていると、“神の手を持つ気功師”の張り紙を見つけ、引き込まれるように中へ。登場したのは、歴代の総理大臣とも親交があり、全世界に弟子がいるという遠隔気功の使い手・八山元先生。人体に触れず気を使って回復を促すという八山先生の“気のパワー”で三村の痛めているという膝は治るのか?(ザテレビジョン)