2月18日に放送された「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、MCの若林正恭が下積み時代のエピソードを明かす場面があった。

この日の激レアさんは、「サラリーマン一筋の素人だったのに なぜか赤字動物園の園長になり ほぼ飲みニケーションだけで 廃園の危機を救っちゃった人」のアカオさん。

アカオさんが園長に就任した動物園は、借金1億円を抱えた赤字経営で廃園寸前。夜の動物園ツアーの来客数は22人、生まれたてのペンギンの赤ちゃんの命名式の来客数は11人とかなりシビアな状態だったとか。

来客数の数字に「ちょっと心細いですよね〜」と腕を組んで渋い表情になった若林に追い打ちをかけるように、弘中綾香アナウンサーが「売れてない若手芸人のライブ並みの来客数」と表現した。

弘中アナのコメントに若林は「もっと少なかったですね、私は。7人の時がありました。単独ライブが俺と春日のおやじの同僚で埋まった時ありました。下ネタしかウケなかった」と当時を振り返ると、ゲストの川田裕美と小手伸也も大爆笑。

そんなやりとりを受けてアカオさんは「春日さんと若林さんが、父親の友達しか来なかった時は寂しかったでしょ。その時と同じ気持ちです」と賛同、若林はすかさず「なんでなぞったんですか!」とツッコミを入れ、再度笑いを取っていた。

SNSでは「今日の激レアさんほっこり」「『飲みにゅけーション』とか苦手そう」「アカオさんと飲んでみたい」などの感想が寄せられていた。

次回「激レアさんを連れてきた。」は2月25日(月)放送。ゲストに関根勤と広瀬アリスが出演する予定。(ザテレビジョン)