木村多江がファミリーマートの人気商品“ファミチキ”と、妖艶で官能的なタンゴを踊るCMが解禁された。

■ 猛特訓した初タンゴは「すごく気持ちがいい!」

公開されたCMは、夜のファミリーマートから出てきた木村が「また買ってしまった…」と購入したばかりのファミチキを見つめる。すると意識は、いつの間にか大人の男女が熱いダンスを披露する舞踏会へ。真っ赤なロングドレスをまとう木村と、ファミリーマートのバイト歴11 年のベテランスタッフ“ファミチキ先輩”が、突如アルゼンチンタンゴを踊り出す。

木村とファミチキ先輩の姿は、まるで本気で愛し合う男女のよう…。レジ横に鎮座するかぐわしき金色のファミチキを、夜にこっそり食べる背徳感を表現するという、なんとも笑えるCMとなっている。

日本舞踊やバレエが特技の木村だが、今回の撮影のために4日間の猛特訓をしたという。「タンゴは相手の気をお互いに感じ取って踊るんだということが分かったんです。その“気を合わせる”ことがとても難しいんです。でも、お互いの気が合うとすごく気持ちがいい! 化学反応が起こるお芝居のようで、ちょっとハマっちゃいました!」と、同時解禁されたメイキング映像で語った。

■ ファミチキ先輩は「お身体がだいぶ四角い方(笑)」

官能的で甘美なタンゴのお相手を務めたファミチキ先輩のリードに関して木村は「包み込むような優しさがありながらも、急に情熱を出してきたりするんです…。リードもすごく上手くて、自分がそれに合わせられると、ちょっと恋しちゃう気持ちになりました」と思わず先輩に恋心を抱いてしまったことを告白。しかし難しい部分もあったようで、「先輩はお身体がだいぶ四角い方なので…私が彼の体にフィットして踊るというのは、なかなか難しかったです…。あっ!でもとても魅力的な方なので、容姿にはとらわれずに恋に落ちることができましたよ!」と優しいフォローを入れつつも、先輩のフォルムが少しだけ気になったことを明かした。

今回のテーマである“背徳感”に関しては「私の中でファミチキは最大の誘惑なんです。役柄によっては節制をしなきゃならないので、常に食べたい! という欲求と戦っているんです(笑)」と、女優の葛藤をポロリ。夜中のファミチキという誘惑に勝てない“ファミマあるある”を絶妙に表現したCMとなっている。(ザテレビジョン)