4月28日(日)から公演されることになった小川絵梨子が演出を手掛ける舞台「WILD」で、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務めることが決定した。中島は舞台初主演かつ、ストレートプレイ初挑戦となる。

本作は、2013年にアメリカ合衆国政府の個人情報収集の手口を内部告発しロシアに亡命した、アメリカ国家安全保障局(NSA)の元局員であるエドワード・スノーデンの事件に着想を得て書かれた英国気鋭の劇作家マイク・バートレットによる社会派戯曲で、2016年にイギリス・ロンドンで上演。

今回、日本では初演となる本作で、近年ドラマや映画など映像作品に多く出演し、存在感と演技力で若手実力派俳優として注目を集めている中島が主演を務めることになった。

出演者はたった3人で、中島の他に太田緑ロランス、斉藤直樹の出演が決定。とあるホテルの一室を舞台に、アメリカ人男性・アンドリュー(中島)のもとを訪ねてくる女と男との巧みな会話劇の中で展開するミステリースリラーを描き出していく。

中島は「舞台の経験はありますが、ストレートプレイはほぼ初めてです。普段、コンサートで向き合っているお客さんとの距離よりもずっと近くて、変な言い方をすれば誤魔化しようがなく自分を見透かされそうで、今から緊張します」と久しぶりの舞台出演に緊張している様子。

演出を務めるのは、アメリカ・アクターズスタジオ大学院の演出学科を日本人で初めて卒業したという異色の経歴を持ち、2018年より新国立劇場の新芸術監督に最年少で就任した小川。日本の演劇界がもっとも信頼をおく翻訳家・演出家として翻訳劇を中心に活躍している小川がどのようにこの作品を作り上げていくかに期待が高まる。

中島は先日、小川と対面したといい「物腰柔らかく、凛とした方という印象を受けました。その際に、『じっくりゆっくりと作っていきましょう』とお言葉をかけて頂き、ふっと、安心できる空気感を作って下さいました。どんな演出や仕掛けが待っているのか、僕もワクワクします」と期待に胸をふくらませる。

そして、「これは自分にとって大変チャレンジングな経験になるので、しっかりと自分の役と向き合って、見て頂く皆さんに現代社会への警鐘を鳴らせたらなと思っています」と力強く意気込む。

■ あらすじ

主人公・アンドリューは、モスクワの「特徴のないごくありふれた」ホテルの一室に身を潜めている。すると、アンドリューを助けに来たと言って、見知らぬ男と女が順番に訪ねてくる。

1人目の訪問者の「女」は自らを「ミス・プリズム」と名乗り、アンドリューのガールフレンドのこと、両親のこと、すべての情報を握っている。

そして2人目に訪ねて来た「男」は、その「女」のことは一切知らないという。自分こそがアンドリューを助けに来たのだ、と。しかし次第に、アンドリューはこの世界のすべてが不確かであることに気がついていく。(ザテレビジョン)