3月23日(土)、24日(日)に二夜連続で放送される、小栗旬主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(共に夜9:00-11:24、テレビ東京系)に、ビートたけしと笑福亭鶴瓶の出演が決定。本作後半の山場となる東京裁判のシーンで共演する。

同作はテレビ東京の開局55周年を記念した特別企画で、山崎豊子のベストセラーを民法で初めて映像化するもの。

日本とアメリカという「二つの祖国」の狭間に立たされた日系アメリカ人二世たちの、愛と奇跡を描いた青春群像劇だ。

たけしが演じるのは、陸軍軍人であり、戦後A級戦犯として起訴された元総理大臣・東條英機。そして、東京裁判では唯一民間人としてA級戦犯として起訴されたが、のちに釈放される思想家・大川周明を鶴瓶が演じる。

A級戦犯として起訴され、法廷で審理に臨む2人。ここでは裁判中に大川が東條の頭をたたくという、衝撃のエピソードを忠実に再現したシーンも描かれる。つまり鶴瓶がたけしの頭をたたくということで、このレアな場面は大きな見せ場となりそうだ。

■ たけし「本当に似てるかな」

以前も東條英機を演じた経験のあるたけしは、出演に当たって「東京裁判は何度も見てるシーンだから、ちょっとね、やりやすいんだかなんだか…あまりに現物を見てるから、『本当に似てるかな』とそっちの方を考えちゃいました。あと『何言ってるか分かんない』と東條が怒るシーンも、きっと一般の人も印象に残ってるから、自分が似てないと言われるのはやだなと。似てるのも変だけど(笑)」とコメント。

また、鶴瓶との共演については「(自分の)頭たたくのが鶴瓶って聞いて笑っちゃったんだよ! コントじゃないかと(笑)。でも見事メークで違う人になってたからよかった。このシーンはちょっと面白そうだね」と期待を込めた。

一方、鶴瓶は「たけしさんが完全に東條英機だから、こっちも完全に乗り移ってやろうかなと思ってやりました。(頭をたたくシーンは)大川周明やからたたけるんですよ! (自分じゃ)たけしさんはたたかれへん! でもお兄さん(たけし)喜んでましたよ、コントみたいって。一発パーンたたいて、えらい音がなったんですよ(笑)」と振り返った。

さらに、2人と同じく東京裁判のシーンに登場する広田弘毅役のリリー・フランキーからもコメントが到着。

リリーは「若い頃に映画で見た『東京裁判』と同じ場所にいるというのが…自分がまさか東京裁判にいるというのが不思議でした。たった1日(の撮影)でしたけど、同じ日にたけしさん、鶴瓶さんとご一緒できて、ちょっと二日酔いで来て体がだるかったんですけど、2人のヅラを見た瞬間に体が元気になりました(笑)」と明かす。

続けて「実際にあった話なんですけど、あの2人でやると実話を越えちゃいますよね。でも皆さんすごくいいもの作られている、そういうエネルギーに満ちている現場だったので出来上がりが楽しみです」と力強く語った。(ザテレビジョン)