16歳の新星・YOSHIの俳優デビュー作で、大森立嗣監督が手掛ける2019年秋公開の映画「タロウのバカ」の追加キャストが発表され、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼が出演すること分かった。さらに、菅田将暉と太賀のキャラクター写真も解禁された。

本作は、一度も学校に行ったこともなければ、自身の年齢も知らないという少年・タロウ(YOSHI)の物語。そんなタロウと、行動を共にする高校生のエージ(菅田)とスギオ(太賀)という3人の少年が、刹那的に生きる姿を描いていく。

今回、追加キャストとして発表されたのは4人だ。

半グレ集団のリーダー吉岡役に奥野瑛太、援助交際を繰り返す女子生徒・洋子役に植田紗々が抜てき。

そして、タロウを育児放棄している母親・恵子を豊田エリーが演じる他、元ヤクザで吉岡と共に裏ビジネスを生業(なりわい)とする小田を國村隼が演じる。(ザテレビジョン)