霜降り明星の粗品らが初出場する土曜プレミアム「IPPONグランプリ」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)が、4月20日(土)に放送される。

10人の芸人がシンプルに大喜利のみを行い、勝者を決める「IPPONグランプリ」。

第21回大会となる今回は、粗品の他、板倉俊之(インパルス)、森田哲矢(さらば青春の光)ら3人が初出場する。

ほか、秋山竜次(ロバート)、川島明(麒麟)、千原ジュニア(千原兄弟)、バカリズム、塙宣之(ナイツ)、堀内健(ネプチューン)、又吉直樹(ピース)が出場。

塙と又吉を除く5人が優勝経験者という実力者ぞろいの大会となる。

Aブロックはバカリズム、堀内、ジュニア、板倉、森田、Bブロックは又吉、秋山、塙、川島、粗品という組み合わせに。

霜降り明星として出場した「M-1グランプリ2018」、ピン芸人として出場した「R-1ぐらんぷり2019」で、それぞれ最年少記録で優勝し勢いに乗る粗品は、「IPPONグランプリ」でも最年少優勝を果たすことができるのか。

また、観覧ゲストとして田辺誠一、夏菜、吉田沙保里らが出演。「写真で一言」にも挑戦する。

■ 粗品(霜降り明星)コメント

――視聴者として抱いていた「IPPONグランプリ」のイメージは?

面白い番組が始まったなと思っていました。絶対に録画をして、必ず毎回見るという番組は少ないと思いますが、僕にとって「IPPONグランプリ」はそのうちの一つでした。

――出場が決まった際のお気持ちは?

芸人になってから、ずっと出たいと思っていたのでうれしかったです。「M-1グランプリ」で優勝して、「IPPONグランプリ」に出るのが夢でした。昔、放送していた「IPPONスカウト」にも、めちゃくちゃ頑張ってアンケートを書いてエントリーをしていました。

――収録を振り返っていかがですか?

勝手が分からないので、難しかったですね。ボタンがなかなかつかなくて、テンパりました。

Aブロックの審査をさせていただいたのですが、バカリズムさんとジュニアさんは、やっぱりすごかったですね。全部、“IPPON”で良いくらいに面白すぎました。

同じBブロックでは、特に川島さんが目の覚めるような回答をされていて、ハッとさせられました。

――優勝した「M-1グランプリ」「R-1ぐらんぷり」と比べて、「IPPONグランプリ」の舞台はどうですか?

別物ですけど、緊張感はありました。「M-1グランプリ」や「R-1ぐらんぷり」と比べて、「IPPONグランプリ」は同じ土俵で戦う方々がベテランの方々ばかりでしたので、すごく良い経験をさせていただきました。

――ファンへメッセージをお願いします。

ファンの方々は、僕が“IPPON”を取ることを期待して下さっていると思いますが、例えば4点とか5点とか、“IPPON”を取れなかった時の方が、画面上では僕の顔は大きく映っているので、そちらの恥ずかしい顔も楽しんでいただけたらと思います(笑)。(ザテレビジョン)