前田敦子主演、黒沢清監督最新作「旅のおわり世界のはじまり」が6月14日(金)に公開。このたび本予告と場面写真が解禁となった。

日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品となる本作は、雄大なシルクロードを舞台に描く旅の物語。

“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビ番組リポーターの主人公・葉子(前田)が、番組のクルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国でのさまざまな出会いによって新しい扉を開き、成長していく姿を描く。

前田の他、葉子と行動を共にする番組クルー役として加瀬亮、染谷将太、柄本時生も出演。本物の撮影スタッフと見紛うリアルな“引きの演技”で、劇中でも絶妙のチームワークを見せている。

解禁となった場面写真では、雄大なシルクロードの草原や美しい湖と山脈、ホコリっぽい街角、バザールといった異国の地での葉子とクルーたちの姿が確認できる。

本予告では、戸惑い、時におびえながら、自分の心の居場所を探すかのように走り回る葉子。

そしてラストに見せるアップの葉子の表情は、ささやかな勇気を手に入れ、自分の殻から一歩踏み出せたかのような、心の移ろいが映し出されている。

■ 映画「旅のおわり世界のはじまり」ストーリー

テレビ番組のリポーター・葉子は、巨大な湖に潜む“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共に、かつてシルクロードの中心地として栄えたウズベキスタンを訪れた。

夢は、歌うこと。その情熱を胸に秘め、目の前の仕事をこなしている。

収録を重ねるが、約束通りにはいかない異国でのロケで、いら立ちを募らせるスタッフ。

ある日の撮影が終わり、1人街に出た彼女は、聞こえてきたかすかな歌声に誘われ、美しい装飾の施された劇場に迷い込む。

そして扉の先で、夢と現実が交差する不思議な経験をする。彼女が、旅の果てで出会ったものとは…?(ザテレビジョン)