4月29日(月)に放送100回目となる「世界!ニッポン行きたい人応援団」(夜8:00-9:54、テレビ東京系)で、今までに招待した外国人たちの“その後”を追跡する。

番組では、あらゆる方法で“日本大好き”な外国人を探し、27カ国132人を招待。そんな外国人たちの中には、日本で憧れの職人などから学んだことで、帰国後人生が大きく変わった人も大勢いる。

■ 織田信成「人生変わり過ぎじゃないですか、皆さん!」

番組の応援団長・織田信成は、放送100回を迎えたことについて「感動の嵐あらし! 外国人の方も(日本に)呼んだら喜んでくれるし、職人の方や、日本で出会う方たちもありがとう、と喜んでくれる。こういうふうに出会いがあって人生が変わる。何て良い番組なんですか! こんな番組の応援団長になれて僕も幸せ!」と熱く語った。

■ IKKOの意外なエピソード…

また今回、同番組をよく見ているというIKKOが初のゲスト出演を果たす。IKKOは、2018年11月に放送された日本の「大衆食堂」を愛するメキシコ人男女を招待する回を見て感動し、いてもたってもいられず、メキシコ人男女を修業させてくれた岐阜の大衆食堂「三勝屋」にプライベートで電話。

「素晴らしかった」と直接感想を伝えて、「今度食べに行きます」と話したとのこと。

IKKOは「日本の伝統文化、素晴らしいものがたくさんある。着物もそうだが、なかなか食べていけなくて悲しんでいる人もたくさんいると思うが、あれだけ(外国人に)没頭されると、職人さんたちも勇気をもらえるのではないか」 と感想を口に。

■ ロシア人美女の“ニッポン愛”に、三宅裕司が感激!

また、「たい焼きをこよなく愛し、ロシアでたい焼きカフェを経営する女性」の“その後”の追跡では、同じくゲストの三宅裕司が、招待した外国人たちが日本の素晴らしさを帰国後も伝えてくれていることに感激。

三宅は「昔、海外ですし屋さんに行ったとき、スッゴいマズかったんですよ。その時、叫びたかったんですよ。『日本のは、もっとおいしいんだよ!』って。それが、あのたい焼き、ちゃんと本当のあずきを使って、おいしいのをドンドン広めているってことは、日本のおいしいものを世界のたくさんの人に広めてるってこと」と喜ぶ。

■ 石坂浩二、タミヤ模型が大好きなアルゼンチン人と対面!

そして、半世紀以上のプラモデル歴を持ち、愛好家として有名な石坂浩二は「タミヤ模型」を愛するアルゼンチン人男性と対面することに。

アルゼンチン人男性が前回来日した際、石坂と模型仲間の間で「タミヤ模型を愛するアルゼンチン人が、日本に来ている」と話題になり、番組を見て「会ってみたい」と仲間たちと話していたと明かす。

一方、アルゼンチン人男性も番組でタミヤ模型を訪れた際、タミヤ会長から「ニッポンには石坂浩二というプラモデル職人がいる」と聞き、帰国後ネットで調べ“俳優でプラモデル愛好家”という異色の存在に興味を抱いていたという。今回、そんな2人がアルゼンチン人男性の再来日をキッカケに初めて顔を合わせる。

ほか、浮世絵の伝統技術を学んだフランス男性や、ニシキゴイが大好きなポーランドの少女のその後も紹介する。(ザテレビジョン)