指原莉乃が3年連続でチェアマンを務める「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」が、8月2日(金)〜4日(日)に東京・お台場青海周辺エリアで開催。

この世界最大のアイドルフェスが行われる夏に向け、指原チェアマンとサポーターの土田晃之がアイドルシーンを盛り上げる「この指と〜まれ!season3」(夜1:55-2:55、フジテレビ※以降、不定期に放送)が5月26日(日)から放送される。

初回放送には、TIFに第一回から出場しているでんぱ組.incと、8月にメジャーデビューを控えるBEYOOOOONDSがゲストで登場。指原と土田が、トークを展開しながら二組の魅力を引き出していく。

「ザテレビジョン」では、収録を終えた指原を直撃。3年目の「この指と〜まれ!」やアイドル卒業後は初となる「TIF」への意気込み、さらにアイドルへの思いや今後の関わり方などを語ってもらった。

■ アイドルたちの姿勢が「うれしい」

――ついにseason3が始まりました。初回収録を終えた感想からお願いします。

今回は二組に来ていただいたんですけど、どちらも全然違うと言うか。“TIF常連”のでんぱ組さんと、“令和にメジャーデビューする”BEYOOOOONDSさん。それぞれ違う良さがあって、やっぱり面白いなぁって感じましたね。

――seasonを重ねるごとに、この番組への思いも強くなってきているのでは?

毎回言ってはいるんですけど、この番組をきっかけに(世の中の人に)好きになってほしいなっていう(アイドルの)皆さんとお仕事をするのがすごくうれしいです。

ありがたいことに、(私は)いつの間にかテレビに出ることが日常になっていて、もちろん頑張ってはいるんですけど、「頑張って爪痕残すぞ!」という気持ちになることは少なくなってきていたんですね。

「知ってもらうぞ!」「好きになってもらうぞ!」という感覚がなくなっていたので、ゲストの皆さんがガツガツお話してくれる姿などを見ると、うれしいなぁって思いますね。

――これまでの放送で印象的な回などはありますか?

いっぱいあるんですけど、最初にこの番組の前身のような特番(「指原議長とアイドル国会」2016年12月22日放送)があったんです。

あの時に出演してくださった他のアイドルの皆さんは、すごくガッツがあったんですね。「(自分のトークを)絶対に使ってもらうぞ!」っていう意気込みで出ていたんです。

その中でHKT48だけ“のこのこ出てきちゃった”感じで…。彼女たち(兒玉遥、宮脇咲良、松岡はな)にはガッカリしたし、彼女たちも自分たちにガッカリしていたと思うんです。

でも、その時に「もっと頑張らなきゃ!」という気持ちになったと思うので、HKT48にとっても、自分にとっても、あの放送が良くも悪くも衝撃的というか、アイドルってこれだけやらなきゃいけないんだなって改めて考えることができました。

――実はあの収録直後に宮脇さん、児玉さん、松岡さんにお話を聞いたので覚えています。

へこんでいました?(笑)

――はじめは下を向いてましたね。通りがかった指原さんが「おつかれさま」って声を掛けて、ようやく顔を上げたのが印象的でした。

■ TIFを“夏の当たり前”に

――今年も夏にTIFが開催されます。3年連続でチェアマンを務められますが、今回はアイドルを卒業して初めてのTIFですね。

そうなんですよ。どういう関わり方になるかはまだ分からないんですけど、今回も(チェアマンに)選んでいただけて、MCなど何らかのお手伝いといいますか、アイドルの皆さんと一緒にイベントを盛り上げていくことができたらなとは思っています。

あと、実は「この指と〜まれ!」の公開収録やHKT48などのステージでは出演していますが、TIFのイベント的なステージには立ったことがないんですね。2年前だったかな? 岡井(千聖)ちゃんの℃-ute好きのアイドルが集まったステージ(℃-uteにあこがれたアイドルたちが岡井と一緒にステージに立った)など、うらやましいなって思っていたので。

今年は、私もアイドルの皆さんとお話ができるコーナーなど、イベント的な企画に出たいですね。

――他のアイドルのステージを見ていたら、ご自身もまた歌いたくなることはありませんか?

いやいや、歌はもう(笑)。見る方がいいです。ゆっくりと聞いて楽しみたいですね。

――でも、アイドルを卒業したことで“オタク魂”が再び燃え上がるのでは?

そうですね。これまでのTIFではスケジュールがギリギリで、イベントに全部参加することはできなかったんですけど、今年はお目当てのグループなどを見ることができたらいいですね。

――最近カメラを買ったそうですが。

あ、そうだ! (TIFで)撮ってもいいのかな?(笑) 関係者だからいいですかね。PRESSシールを貼って撮りにいきたいと思います(笑)。

――他にTIFでやりたいことは?

フードコートがあるじゃないですか。毎年楽しむことができていないので、今年は楽しんでもいいんじゃないかなって思っています。

正直、今年のTIFは(いつもよりは)ゆっくり楽しめますよね。これまでは、セットリストを思い出してとか、こうしてああしてとすごく時間に追われていたので、今年はどちらかと言うと“ファン側”として参加できる感覚でいます。でも、本当にできるのかな?(笑)

――改めてTIFの魅力って何でしょう?

他にもいろいろなアイドルフェスがあると思いますが、やっぱり最も季節感があるイベントということですよね。みんなで汗をかきながら、アイドルのタイムテーブルを見ながら、どこのステージに行こうかなって考えることなどが、「この季節はやっぱりTIFだよなぁ」って。

(世の中の)皆さんにとってのかき氷とか、海やプールに遊びに行く感覚と同じように、TIFが夏の風物詩になればいいなって思います。“夏の当たり前”がTIFですよね。

■ 自分が抜けたHKT48が楽しみ

――今後、指原さんはアイドル界とどういう形で関わっていこうと考えていますか?

自分たちのグループはもちろんなんですけど、なんだかんだで「指原さんにあこがれて入りました」って言ってくださる方が、ありがたいことに少ないながらもいるんですね。そういう方々の希望になれるように自分も頑張っていかないといけないですね。

そういう方たちといっぱいお話をしてみたいですし、その中で逆に教わることもあると思うし、教えられることもあると思うので、ゆっくりとお話をして、お互いに勉強していきたいです。

――では、改めて番組のseason3が始まること、そしてTIFに向けた意気込みをお願いします。

毎年やる気というか、元気、活気をもらえる番組なので、私も若さと元気をもらいつつ(笑)、たくさんの方によりアイドルを好きになってもらえるようなきっかけになればいいなって思っています。

そして、今年もTIFはありますので、皆さんくれぐれも体調に気をつけて、イベント中は屋外にいることが多いので、それぞれ対策をしてきていただいて、みんなで健康に気をつけて楽しみたいですね。

個人的な見どころとしては、今年もHKT48の出場が発表されていて、自分が抜けたHKT48にとっては初めてのTIFになるので、どんなステージを見せてくれるのかなってとても楽しみにしています。

――最後に、指原さんにとっての“アイドル”とは何でしょうか?

わぁ…難しいな。自分の青春なので、ファンの皆さんにとっても、ずっと青春が続いている感覚にしてくれるものだと思います。

なので、その気持ちを取り戻すという意味でも、ぜひTIFを見に来ていただきたいです!(ザテレビジョン)