成田凌ら「メンズノンノ」モデルたちが、5月18日に千葉・幕張メッセ9〜11ホールにて開催された「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」(以下:ガールズアワード)に出演した。

「MEN'S NON-NO × TOMMY JEANS」ステージに登場したメンズノンノモデルは、清原翔、中田圭祐、遠藤史也、山本涼介、柳俊太郎、中川大輔、鈴木仁、守屋光治、井上翔太、成田の10人。

トップバッターとして登場した清原は、デニムシャツに太いシルエットのジーンズというデニム・オン・デニムのスタイルで、観客の歓声を一身に受けてウオーキング。

イケメンモデルたちが次々と登場する中、トリとして成田が登場すると会場にはひときわ大きな歓声が上がった。

成田は白いTシャツに赤と白と紺のストライプシャツ、ジャストサイズのジーンズにサンダルという抜け感のあるスタイルでウオーキング。

ファッションスタイルのイメージも相まって、ウオーキング中は終始成田の笑顔がこぼれていた。そんな成田の口元から白い歯がのぞくたびに、黄色い歓声がこだました。

ステージ後のトークコーナーに再登場した成田は「年に1回、こういう機会(メンズノンノとブランドのコラボステージ)がありますが、今回はアメリカの西海岸をイメージしたステージでした。僕らも楽しくできたと思います!」と心境を明かした。

なお、今回のガールズアワードは140人以上のモデル、9組のアーティストに加え豪華ゲストが出演。約3万3300人の観衆を盛り上げた。(ザテレビジョン)