6月26日(水)放送の「特捜9 season2」(毎週水曜夜9:00‐9:54、テレビ朝日系)の最終回で、寺尾聰演じる宗方が人生を懸けた大きな決断を下すことが分かった。

最終回では、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のメンバーが、強大な力を持つ司法機関からの圧力にも屈せず、正義を貫く姿と併せて、第1話(4月10日放送)で、直樹が無実の罪で服役した男に再捜査を誓い、個人的に追い続けてきた事件の結末が描かれる。

宗方は、昨年放送されたseason1で特捜班を立ち上げ、班長を務めることになり、自ら主任に指名した直樹の成長を見守り続け、今シーズンでは彼の五級職警部補への特進に尽力してきた。

そして今回、直樹の“地道に捜査を続ける姿”“優しく人に寄り添う気持ち”、さらに“正義を貫く姿勢”に、刑事として、特捜班の主任としての成長を実感した宗方。

直樹が立ち向かう大事件を解決するために、さらには彼に全てを託すために、最後の決意を固める。捜査に口は挟まず、温かく見守り、時には捜査が一歩前進するようなヒントを与えてきた宗方と、特捜班のメンバーに別れの時が…。

さらに、6月19日(水)放送の第10話の中では、大手企業の社長、副社長が死亡した事件を追う中で、直樹が頼もしく指示を出し、特捜班メンバーがそれぞれ機敏に動く姿を宗方が安心したように見つめる姿も描かれる。そして、10話のラストでは、宗方が自身の最後に向けた決断をするため、ある行動に出る。

■ 6月19日(水)放送 第10話あらすじ

ある日、鑑識課の猪狩(伊東四朗)が、特捜班を訪ねてきた。世間をにぎわせている大手通販会社の社長・橘(大西武志)と副社長・綾香(三輪ひとみ)の心中に納得がいかないという。

猪狩は、6年前に橘の悪徳商法に引っかかり、自殺に追い込まれた森山隆一(松田章)の友人で、「橘のような悪党が自殺するわけがない」と憤慨していた。さらに猪狩によると、橘と綾香の死亡推定時刻には1時間のずれがあるという。直樹(井ノ原快彦)は、特捜班が捜査を引き受けると宣言する。

二人がベランダから飛び降りたとみられる橘のマンションに向かった直樹と新藤(山田裕貴)だったが、事件当日は防犯カメラのメンテナンスの日で、マンション内の映像が一切ないことに違和感を覚える。

さらに、司法解剖の結果、綾香は転落死で間違いないが、橘の死因は鈍器のようなもので頭部を殴られたことによる脳挫傷だということが判明。また、橘の部屋を調べていた鑑識課が、現場に残されたわずかな血痕を発見。自殺ではなく、他殺の可能性が浮上する。

■ 捜査線上に意外な人物が浮び上がる

一方、6年前の悪徳商法について所轄署に話を聞きに行った小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、悪質な商売をしていた橘と闘おうとしていた弁護士・佐々木麻里(馬渕英里何)の存在を知る。

現在も橘の罪を追及するために活動を続けているという麻里から、当時の被害者リストをもらった志保らは、猪狩の友人の森山以外にも自殺に追い込まれた人物がいることを知る。さらに、6年前の事件の真相も明らかになり、事態は急展開を見せ、意外な人物が捜査線上に浮かび上がる。(ザテレビジョン)