大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中の中村勘九郎、峯田和伸らが、6月23日に兵庫県神戸の神戸芸術センター 芸術劇場にて行われた「大河ドラマ『いだてん』トークツアーin兵庫県神戸市」のトークショーに登場した。

「いだてんー」は、宮藤官九郎が脚本を務める、日本とオリンピックの歴史物語。勘九郎は本作で主人公の一人である金栗四三を、峯田は人力車夫の清さんを演じている。

峯田は勘九郎との初対面を振り返り、「初対面の時、勘九郎さんと握手して、2人とも丸刈りで、指さして笑いあった。理屈じゃなく、こういう人が主役なんだと思い、ずっと楽しくて仕方なかった」とコメント。

勘九郎と峯田は、走る事はもとより、場合によっては歩く事も好きではないと告白。そんな2人がマラソンのレジェンドランナーと、走る事を生業にする人力車夫の役ということもあり、初対面から意気投合できたという。

■ 峯田「うちのじいちゃんにそっくり」

この日、トークショーに先駆け、神戸市役所前にある「日本マラソン発祥の地」の記念碑の前で、1909年に行われた日本初のマラソン大会『マラソン大競走』について説明を受けるほか、嘉納治五郎のふるさとである兵庫県御影にある公会堂では、嘉納治五郎唯一の柔道着姿の銅像を見学した勘九郎と峯田。

峯田は、嘉納の銅像を見た感想を、「うちのじいちゃんにそっくりなんです。銅像に触れば柔道がうまくなるっていう伝説をはやらせたいんですって(笑)」と驚きのエピソードを披露した。

また、神戸出身の嘉納治五郎役の役所広司について聞かれた際に勘九郎は「声が大きいわけではないのですが、とてもせりふが聞き取りやすいんです」と褒めたたえ、峯田も「場面が流れてしまう様なシーンで、役所さんがせりふを言うと、ビシっと引き締まり、何となく流れて行くような状況が止まる。本当にすごい方です」と重ねた。

■ 勘九郎「『いだてん』は本当に楽しい!」

また、勘九郎は峯田演じる清さんを「清さんは浅草にいる“白タク”みたいな存在、普通なら最初は友達になりたくない人」と分析。しかし、「清さんの男らしさや、かっこよさには、いつも感動させられている」と語った。

一方の峯田は、勘九郎演じる金栗を「好きなものがハッキリしていて、周りにもそれが伝わる人だから、応援したくなるかわいらしい人」と語った。

役作りについて勘九郎は、撮影が始まる前から「毎日8キロくらいは走って役作りしてきました」と驚きの役作りを披露。

そして峯田は、「長い時間走ることはできないと人力車指導の方にお願いしたら、短い距離をそれらしく走れるように練習していこうということになり、中腰で50メートルを50本走って人力車夫のリアリティーに備えてきた」と打ち明けた。

トークショーの最後に勘九郎は、「歌舞伎もそうなのですが、初めて参加した大河ドラマ『新選組!』(2004年)もそうだったが、いつも男ばかりの仕事が多い、その点女性との場面が多い『いだてん』は本当に楽しい! 」と、和やかな表情を見せる一幕も。

6月23日の放送をもって金栗の物語を中心に描いた第一部が最終話を迎えたことに、峯田は「1年以上、体作り、方言、ランニング練習など、愚痴一つ言わず、主役として真ん中にいてくれた勘九郎さんに、『本当にお疲れ様でした! 』と今回のトークショーを通じて伝えられてうれしい! 」と喜びの表情を見せた。(ザテレビジョン)