土屋太鳳と白石麻衣がイメージキャラクターを務める「ギガ国物語」の新CM「ギガ王」篇が、6月27日(木)より全国放送される。

ようやく「ギガ国」にギガが戻り、今回ついにアントニオ猪木扮(ふん)するギガ国の王様・ギガ王が登場。

ギガが使い放題になり、歓喜に沸く国民達の前に現れたギガ王の「元気ですかー!」というせりふに国民達は、「うおぉぉぉー!」と大きな声で叫び、喜び一色に。

ギガ王が続けて「ギガがあればなんでも見れる!ご唱和ください!1・2・3…」と叫ぶと、土屋太鳳演じるタオがギガ王のマイクを奪って「ギガァーーー!」と叫び、一番の見せ場を奪われたギガ王が唖然としてタオを見つめるという、コミカルあふれるCMとなっている。

撮影現場では、「1・2・3、ギガー!」と叫ぶシーンで、「1・2・3ダー!」と思わずお決まりのせりふを叫んでしまった土屋。そのおちゃめな姿に、思わずシライシ役の白石麻衣も「なんで?」と大爆笑で、その様子にスタジオが笑いに包まれ、和やかに撮影が進んだという。

■ 土屋太鳳「伝説のお方に会えた」

――今回初めてアントニオ猪木さんと共演されて、いかがでしたか?

土屋太鳳:まさか共演させていただけるなんて思ってもなかったので、まるでサンタクロースに会った時みたいに、伝説のお方に会えた…!っていう喜びでいっぱいです!

白石麻衣:私も、小さい頃から見ていた憧れのヒーローが自分の目の前に現れて、しかもいつも聞いていたせりふを実際に言ってくださって。パワーをもらいました!

アントニオ猪木:こちらこそ、元気をもらいました!ありがとうございます。

――皆さんが「これさえあれば何でもできる」というものがあれば教えてください。

猪木:普段忙しいのですが、時間さえあればお二人に(スマホの事を)教えてもらって、何でもできるようになりたいですね!

土屋:私もほぼお仕事をしていたり、お仕事の準備をすることに時間を使ってしまっているのですが、愛情さえ持っていれば、一つ一つの瞬間を大切にできるんだなって思います。

白石:私は、ご飯が大好きなので、白いお米さえあれば何でも頑張れます!(笑)。

土屋:それはいいね!(笑)。

――うっかり先走ってしまった、というエピソードはありますか??

白石:ライブ時の、先走りエピソードならいっぱいありますね(笑)。ライブの時に、まだ出番じゃないのに登場しちゃって、お客さんにすごく見られたりとか(笑)。

土屋:えー!そんな事あるんだ!そういう時どうするの?

白石:もうずっとニコニコしてました(笑)。

土屋:私は小学生の頃キャンプに行った時、よくホットケーキを生焼けの状態で食べちゃってましたね。食べたい気持ちが先走って…。でも今思えば、お腹が危ない(笑)。

白石:危ないよ(笑)!

猪木:常識破りのアントニオ猪木で通ってますので、いつも先読みしてみんなをびっくりさせるのが好きですね。今回も(CMを見て)みんなびっくりしてくれたかな。

土屋:ほんとに大きな声で、びっくりしました(笑)!(ザテレビジョン)