7月5日(金)放送の「ミュージックステーション 2時間スぺシャル」(夜8:00-9:48、テレビ朝日系)で、DA PUMPが最新曲「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」をテレビ初披露する。

「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」は、7月26日(金)から公開される劇場版「仮面ライダージオウ Over Quartzer」の主題歌で、“バイーンダンス”、“レインボージャンプ”、“ゾンビウォーク”など、振り付けの見どころがたくさんある楽曲。

メンバーたちも「海外で流行しているWoah(ワォ)ダンスを初めて見たときに、すごく変テコだけど楽しそうだなぁと思い、次に楽しげな楽曲に出会えたら絶対に振り付けに入れたいと思ったので、ピッタリな楽曲に出会えたと思います」と自信をのぞかせる。

“レインボージャンプ”については「ISSA君が虹というキーワードを入れたいという事もあり、胸の前で虹を描きスーパーマンのように飛び跳ねるイメージで振り付けをしました」と語り、“ゾンビウォーク”について「僕らダンサーならなじみのある動きですが、最近なぜかアメリカの若者たちのSNSでよく見かけていたので、今の子たちにとっては新鮮なのかと思い、振り付けに組み込みました」と振り付け秘話も告白。

さらに、志村けんの「アイーン」ポーズも参考にしたという話題の“バイーンダンス”については「“バイーン”の名前の由来は、僕らが日頃からリスペクトしてやまない志村さんのアイーンから発想しました」と、ダンスのポイントも明かした。

■ ミナ「笑顔マークを書くような振り付けがダンスのポイント」

TWICEは日本4枚目のシングル「HAPPY HAPPY」と5枚目のシングル「Breakthrough」の2曲をメドレーで披露。

「HAPPY HAPPY」について、ミナは「“HAPPY”をイメージした、笑顔マークを書くような振り付けがダンスのポイントです」と語る。

そして「Breakthrough」については、ジヒョが「TWICEとして、今までで一番クールな楽曲とパフォーマンスになっていると思います」とアピールした。(ザテレビジョン)