渡辺直美が7月24日、自身のオフィシャルInstagramを更新。アメリカで撮影した大胆な肩出しSHOTを公開し話題となっている。また、写真とともに投稿した、現地の“パンク達”に絡まれたエピソードも反響を呼んでいる。

現在、アメリカ在住の渡辺は、ファッションブランドをプロデュースするなどコメディアンとしてだけでなく、若い女性層のファッションアイコンとしても高い人気を誇っている。

「ちょっとパンクロックな街ウィリアムズバーグ(アメリカの州)に行ったんだけど」と渡辺が投稿したのは、大胆に肩を出したハイセンスな黒のワンピースに、個性的なサングラスをかけ、クールな表情できめた写真。

カラフルなファッションを身に着けることの多い渡辺には珍しい、クールでスタイリッシュな1枚だが、添えられている「THIS IS A KUIKOMI STYLE」という言葉通り、ワンピースのひもが肩に強く食い込んでいる。

渡辺は、“食い込み”部分をアップにした写真も投稿している。

さらに、「なんかとんでもないパンク野郎(しかも肩ヒモゴリ食い込み感が更にパンク?)に思われて、現場のゴリゴリパンク達がやっぴー って感じで怖かったw私歌謡曲が好きなんでちょっと違うんですよーって顔して(どんな顔)即去りした日でした」と、アメリカで出会った少し怖い出来事をファンに伝えた。

投稿を見たファンは、「今日の服めっちゃかっこいいしセクシー」「いつものカラフルなのもかわいいけど、こういうカッコいい系も似合う!」「センスの塊」と渡辺のファッションを絶賛。

また、「クイコミスタイル、セクシーですね!笑」「食い込みスタイルはやりそう(笑)」「KUIKOMI STYLE面白すぎる」「食い込みどんどんアップにして言うのやめて笑」「電車で声出して笑っちゃった!」と、“KUIKOMI STYLE”にも反響が寄せられた。(ザテレビジョン)