2019年秋にテレビアニメ新シリーズの放送が決定した「七つの大罪 神々の逆鱗」のメインビジュアル、本編画像、プロモーション映像が公開された。

原作コミックは、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の累計3000万部を突破した鈴木央のヒロイック・ファンタジー。

公式YouTubeチャンネル「ボンボンTV」では、放送開始直前となる8月1日(木)〜31日(土)の期間に「七つの大罪」(2014-2015年、TBSほか)を、9月1日(日)〜9月30日(月)の期間に「七つの大罪 戒めの復活」(2018年、TBSほか)の一挙無料配信を実施。

さらに、公式Twitter(@7_taizai)にてショートアニメ「ホークのお悩み相談室」(全40回)の配信も決定した。

また、9月22日(日)には東京・神田明神ホールにて、メリオダス役の梶裕貴とホーク役の久野美咲が登場する世界最速先行上映会も開催。世界最速で1、2話を見ることができ、7月25日からチケットの受付を開始している。

テレビアニメ新シリーズ「七つの大罪 神々の逆鱗」では、熾烈(しれつ)を極める〈十戒〉との戦い、メリオダスとエリザベスの因縁や世界の秘密が描かれ、物語はいよいよクライマックスへと向かって進んでいく。

今後も公式Twitterは、放送に先駆けてキャンペーンを実施予定とのことで、秋の放送開始まで続報が期待される。(ザテレビジョン)